メダカの共食いを防ぐ為に飼育者が気をつけたいこと!ページ メダカに関する情報をどんどん配信!初心者向けコンテンツから玄人必見のコンテンツまで盛り沢山で更新中。知識欲を満たそう!

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

メダカの共食いを防ぐ為に飼育者が気をつけたいこと!

20151113142455-bec4724b1b842c58c86e2ed2caa1f95633c9f9ca.jpg

 とても温厚なメダカが共食いなんかするの?と思うかもしれませんが体の大きさ大きく違えば共食いすることもあります。 飼育者としてはとても悲しい事態ですね・・・。どういった場合にそんなことが起こりえるのか考えてみましょう。


大分めだか日和販売ページへ

メダカの共食いを防ぐ為に飼育者が気をつけたいこと!コンテンツ


-スポンサードリンク-

-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-

1.どういう状態でメダカ同士が共食いするのか?

 共食いといってしまうと何かこわいイメージですが これはおそらくいろいろな魚の間で起こることで メダカだけの問題ではありません。 ひょっとするとメダカ自体は本能的に餌を食べているだけで何を食べているかの意識すらないかもしれません。 共食いがおこると言っても明らかな体格差がないとそんな状態にはならず、 そんな状態になるのは 大きく分けて2つの場合が考えられます。1つは親メダカと生まれてきた稚魚とを隔離せずに 育てた場合です。親メダカからすると産まれてきた卵ですら自分の餌のように食べることがあります。 もし、孵化してもやはり針子は食べられてしまいます。稚魚を育てたいならまず、 隔離して育てるべきです。次に共食いが起こりやすいのはメダカの稚魚を飼育していて、 成長スピードに差がある稚魚を混泳させた場合です。一概に稚魚と言ってもメダカの姿になって親魚の餌を食べられるようなところまで 成長した稚魚と、針子からメダカの姿になってきたばかりの稚魚では大きさが全然違います。 そんなに大きさの違う稚魚を同一の水槽で飼育した場合はやはり共食いが起こってしまいます。



楽天市場をご利用ならお得に買い物ができる!


2.共食いがおこらないための飼育環境

20151113142546-a01a037579b5862adb2291968e16ca83c4c773ed.jpg

 ではどうすれば共食いを防ぐことができるのでしょうか?結局共食いといっても、ザリガニ等のように 同じような成魚の姿で食べあうというのではなく、口に入るサイズの稚魚、または大きさのメダカを 食べるのであって共食いといっても少し意味が違います。こういったことから共食いを防ぐ為には、 メダカの口に入りそうなほどの小さなメダカを大きなメダカと混泳させないことです。

 熱帯魚のグッピーなども(卵胎生ですが)外国産のメダカですので産まれた側から我が子を食べたりしますが、 わりとグッピーの稚魚は大きめな状態で産まれてくるのと水草の陰に隠れたりするので 自然と生き残ることもよくあります。日本メダカの場合はというと小さな稚魚が逃げも 隠れもせず親魚と一緒に平然と泳いでしまいます。それでは食べられるのが当たり前ですね。 大量の水草が生い茂る広い空間なら生き延びて成魚になるかもしれませんが それ以外ではなかなか難しいでしょう。

3.まとめ

 共食いを完全に防ぐにはやはり、大きさの違うメダカ同士、親メダカと稚魚の混泳はやめることですね。 大量の卵を産みどんどん繁殖できるメダカなので稚魚を大きさで分けるというのも大変ですが たくさんのメダカを増やしたいという方は例えば▲のような飼育容器を使ったり、大きさ別にわけた飼育をおすすめします。

 まれに、水槽のメダカ(成魚)が消えていっているので成魚同士で共食いしてるのでは?という質問もありますが それはまずありえませんので消えたメダカはどこかに死骸があるはずです。(濾過器や水草の裏や 水槽外に飛び出して干からびてる場合も・・・) 共食いというちょっと恐ろしい言い方をしてしまいましたが、もちろん成魚同士では そんなこともなく仲良く飼育できますのでメダカのことを嫌いにならないでくださいね(笑)

あわせて読みたい関連コンテンツ


-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-




大分めだか日和その他のページヘ

大分めだか日和販売ページへ

メダカのコンテンツへ

大分めだか日和SNS

トップページへ戻る