背曲がりメダカ・奇形メダカの余生を考えようページ メダカに関する情報をどんどん配信!初心者向けコンテンツから玄人必見のコンテンツまで盛り沢山で更新中。知識欲を満たそう!

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

背曲がりメダカ・奇形メダカの余生を考えよう


20150826172855-6d878fb4d7c55ef92123feaabb9fc88d718809af.jpg

メダカや観賞魚を飼育していると奇形のメダカもでてくると思いますそのことについてちょっと考えてみました。▲このメダカはなんとなく体型がおかしいですね。生まれつきなのか、 年齢とともに変わっていったのかはわかりませんが・・・・


大分めだか日和販売ページへ

背曲がりメダカ・奇形メダカの余生のコンテンツ



スポンサード

1.なぜ奇形のメダカが生まれてくるの?

20150826173500-5a37affe931b39990d4e5975f1b970a4f7bac7a7.jpg

 観賞用メダカというのは(自然採取個体ではない観賞魚全般にいえるのかもしれませんが)大量に繁殖させたメダカの中から、 偶然産まれた赤っぽいメダカを固定して緋メダカを作出し、さらに赤い個体同士を掛け合わせ・・・・というように 近親交配を繰り返して品種を固定させてきました。やはり人為的に血が近いもの同士で交配させている為、 当然、奇形の出現率はあがってきます。

その為、ブリーダーやショップによっては血縁の遠い同じ品種を掛けあわせたり して品種の維持につとめています。ダルマメダカなんかもそうですが奇形かそうではないかというのも人間の判断次第ということも有りますので 変わった形・色をしていれば全てが奇形と認識されるわけでもありません。▲この個体は尾びれの付け根の辺りが少し曲がってますね。これを背曲がりととるかこれぐらいは 大丈夫だと思うかは飼育者次第です。例え交配に使用しなくてもできれば元気に飼育してあげたいですね(^^ゞ

2.メダカの奇形は遺伝する?

20150826173142-ac195ebf46960fbc6bf5c7ee1c19384e00b15261.jpg

 この問題についてはいろいろ意見がありますがもちろん100%遺伝するわけでもありませんし、しないわけでも ありません。ダルマメダカだって確率からいえば半分以下の割合でしか子の代には遺伝しません。一概に奇形だから すぐに処分してしまえなど考えなくてもよいと思います。ですがなるべく健康な個体を次の世代に残したい場合は やはり健康な親同士で交配・採卵を行いましょう。▲の画像は凄く美しいプロポーションをしていますね。子を残したい時はなるべく親メダカにも拘るようにしましょう。



楽天市場をご利用ならお得に買い物ができる!




スポンサード

3.メダカの背曲がり・背骨が曲がる原因

 特にメダカの背曲がり・背骨に関する奇形に関して詳しく原因を紹介してみます。一つは遺伝的要因です。これは前述したように改良メダカを生み出す為に 近親交配などを重ねた結果です。解決するとすれば、近親交配をやめる、同じ系統でも外部から新しい血をもつメダカを定期的に入れるということで遺伝的な要因なら多少は 和らげることができるでしょう。

遺伝的な要因が先天的なものであれば、後天的にメダカが奇形になる要因がないわけでもありません。例えば、稚魚や針子の段階で高水温になったり、 エアレーションの弾ける泡でダメージを受けたりといったことでも奇形メダカはでてきます。稚魚の段階で体が折れ曲がっていても案外その状態のまま成長していくメダカも たくさんいます。成魚になって奇形になったと思っていても実は、小さな稚魚の時点で体にダメージを負いそれが原因になっているという場合もあるということです。 いかに健康な状態でメダカを成魚に育てあげることができるかというのは稚魚の段階の育て方も重要ですのでたくさんの奇形メダカができる場合は、 稚魚を育てている環境を見なしてみるのもいいかもしれませんね。

 稚魚を育てる最高の環境といえば、グリーンウォーターでの屋外飼育ではないかと思います。十分に日光を浴びて、グリーンウォーターに含まれる植物性プランクトンを を食べながら成長した稚魚は丈夫に育てやすいです。場合によっては屋内飼育より成魚になる前に死んでしまうメダカも多いかもしれませんがその分丈夫な メダカが残り、強くて健康な成魚に育つ確率はあがるとも考えられます。初心者には特に最高の状態のグリーンウォーターをすぐに作れる当店の生クロレラなどは おすすめです。

 また、水温などもメダカの成長に大きく影響を及ぼします。わかりやすくいえば、水温の高い夏などはメダカの活性も上がり、どんどん大きくなりますが その為か、ダルマメダカなど背骨に数が足りないメダカなどが発生しやすいです。狙ってダルマメダカやショートボディの背骨に特徴のあるメダカを作出したいの ならば高水温で育てるのもいいですが、そうでない場合は水温は30度に近づいたりしないよう、できるだけ安定した水温で飼育するようにしましょう。

 光体型のメダカに関しても背曲がりなどの奇形は発生しやすいです。これは従来のメダカの体型とは大きく異なるヒレのせいだと思われます。 光体型のメダカは背びれと尻びれが対象の形をしており、その為、上方から引っ張られ、下方から引っ張られ・・・といった具合に背骨が曲がるといった奇形が 生じやすいのではないかと思われます。光体型のメダカの背曲がりを防ぎたい・減少させたい場合は飼育者としてできることは、次世代につながるメダカの種親に 綺麗な体型の親メダカを選ぶことぐらいではないでしょうか。また、老齢のメダカは背曲がりが発生しやすくなりますが、人間でも腰が曲がってしまうように これはしょうがない部分もあるでしょう。



4.生まれてくる命を大切に・・・まとめ

 奇形のメダカが生まれにくような環境に保つのが大事だとは思いますが、もし、奇形や背曲がりで 生まれてしまっても長く生き続けるものもたくさんいます。人間を楽しませる為に、人が創りだしたメダカでも あるので私の意見ですが、交配させて子はとらないまでも穏やかな環境で天寿をまっとうさせてあげたいですね(^^)


スポンサード

-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-


関連コンテンツ




大分めだか日和その他のページヘ

大分めだか日和販売ページへ

メダカのコンテンツへ
トップページへ戻る