メダカに関する情報をどんどん配信!初心者向けコンテンツから玄人必見のコンテンツまで盛り沢山で更新中。知識欲を満たそう!

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

メダカの飼育マニュアル(メダカの飼い方を学ぼう)

だれでも分かるメダカの飼い方

 大分めだか日和ではメダカの飼育や繁殖の知識からメダカにまつわるありとあらゆる情報を配信していきます。どんどん新しいコンテンツを配信していきますのでご期待ください。



-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-


スポンサード
-スポンサードリンク-


1.メダカを飼育する準備

   メダカを飼育する際、メダカを買ってくる、またはもらってくる前に知っておいた方がいいこと、準備しておいたほうが良いことたくさんがあります。 まずは、飼育前の準備から説明していきます。ここでいうメダカは主に日本メダカのことで日本の淡水魚の中でもとても丈夫で飼いやすい部類の魚になります。 当然、日本の環境に適応していますが、いざ飼育するとなると注意すべき点もあります。

まずは飼育水から説明していきます。メダカの飼育する場合の水はまずはカルキを抜いた(水道水に含まれる塩素)ものを用意しましょう。 カルキを抜くには市販のカルキ抜きを使うか、水道水を汲み置きして約1日~2日も置いておけばカルキは抜けます。 飼育容器は観賞魚用の水槽、タライ、バケツ、水鉢、睡蓮鉢、プランターなどいろいろなものが利用できます。 メダカを飼育することが決まったらできればメダカが到着する前にカルキ抜きをした水を 赤玉土やソイル、大磯などの底床の敷かれた飼育容器に入れて準備を済ませておくと良いでしょう。 水草などがあるとなお、飼育が快適になります。



2.メダカが快適に飼育できる環境とは

   メダカを飼うには上記で書いたことをざっくりとやっておけばいいのですが、元気に長生きさせる為には よりよい環境を用意してあげる必要があります。メダカが好むレイアウトとはどういったものでしょうか? メダカの習性を考えてレイアウトしてみましょう。

  日本のメダカはほとんどの場合、流れの緩やかな小川や田んぼなどの止水域のような場所で生活しています。 川の場合でも、田んぼや湖の場合でも底床は泥などの場合が多いですがもちろん観賞魚用のソイルでも園芸用の赤玉土でも 大磯砂でもいろいろな底床が利用できます。(底床はなくても構いませんが、メダカの健康状態や飼育の難度を考えるとあったほうが良いでしょう)

底床は暑さ1センチ~2センチもあれば大丈夫ですが水草を植える場合は少し厚めにしておきましょう。 底床は水中の濾過バクテリアを定着させたり水質を安定させるという大きな役割を担っています。 濾過バクテリアは水中の余計な栄養分を分解したり、生物の死骸を分解したり、水草の枯れ葉を分解したり いろいろな働きがあるからです。メダカ水槽の立ち上げ初期は市販のバクテリア添加剤などを使用するのもよいでしょう。

エアレーションは過密気味の飼育でなければ無くても良いです。(夏の水温上昇時は水中の溶存酸素量が減りやすいのでエアレーションしたほうがいい場合もあります) 小川や、水田などには常に酸素が供給され水草も繁茂しています。メダカも水草に隠れたり、産卵時には水草に卵を産み付けるということもあるので できれば水草は欲しいところです。



3.メダカの飼育に水流は必要?

   メダカの飼育に水流が必要なのかというと、野生のメダカが生息している環境を考えるとなくても良いといえるでしょう。 水流を与えると水槽内の水が循環するというような良い役割もありますが 日本のメダカは本来、長時間早い速度で泳ぎ続けるような生活はしていない為、 強い水流はメダカに多大なストレスと疲労を与えてしまいます。強い水流を与えると、 メダカは流れに逆らって泳ぎ続けますがそれはメダカの習性であって好ましい環境ではありません。



4.メダカを飼育できる水量・水質は?

   はっきりいってしまうとメダカはごく少量の水でも飼育できます。ボトルアクアリウムなどでも飼育できるほどです。 ただし、それはメダカの飼い方、観賞魚の飼い方の知識を十分に身につけた方で、初心者ほど少ない水量でメダカを飼育する難易度は あがるでしょう。一般的には水量が少ないほど水温の変化や水質の変化が激しくなる為、初心者はメダカを死なせてしまいやすいです。 そういったこともあり、通常はメダカ一匹につき、約1リットルほどの水量を目安に説明されることが多いです。

 冒頭で書いたようにカルキ抜きすることはもちろんですが、メダカの飼育に適した水質は どういったものなのでしょうか?簡単に言えばメダカは弱酸性~弱アルカリ性までの水質に対応できる為、 極端に酸性、アルカリ性に傾かなければ健康に飼育できます。ただ、当店で扱う観賞用の改良品種のメダカなどでは 弱アルカリ性のほうが発色がいいなどという意見もあり奥が深いところでもあります。(発色にはエサやメダカの保護色、遺伝などいろいろな要素が絡みます)



5.水温について

   日本メダカが活発に元気に生活、成長できる環境は約23~26℃くらいでしょう。(もちろん多少上下しても大丈夫)改良品種といえど、 もともと日本のメダカなので低水温にも高水温にも強い方です。低温は水が凍ってもメダカが凍らない程度なら大丈夫です。高温のほうは 30℃に近づいてくると気をつけたほうがいいでしょう。先ほど書いた約23~26℃くらいの水温は繁殖行動や成長などに調度良く、 メダカが活発になる水温と思っていただければ大丈夫です。



6.メダカの繁殖行動について~産卵・稚魚の育成

   繁殖が簡単なこともメダカ人気の秘密でオスとメスを同じ飼育容器に入れていれば、相性のいいメダカ同士であれば種類をとわず、 繁殖産卵してくれることでしょう。繁殖時期はだいたいですが春から初秋ぐらいで、日照時間と水温によって変わってきますので、 ヒーターを用意して水温を20℃以上にして、日照時間を長めにしてあげれば年中産卵、繁殖を楽しむことも可能です。 オスにはヒレの付け根に切れ込みがあり、メスは体型も丸みを帯びているので慣れてくるとすぐ見分けがつくようになります。



7.日本メダカの生態について

   日本のメダカを飼育する際、メダカはどういった行動をとるのか、寿命は飼育方法や飼い方によりどのくらい変わってくるのか、 知っておいたほうがよいことをまとめてみました。メダカの色揚げ方法等は知っているとメダカ飼育の楽しみが広がりますよ(*^^*)



8.メダカを健康に美しく育てる為の餌について

   メダカは雑食でいろいろな餌を食べます。普通に育てる為には、どこにでも売っている市販のメダカの餌を 購入すればいいのですが、せっかくなので美しく元気にメダカを育てたいですよね。メダカに限りませんが 観賞魚の餌はミジンコやゾウリムシなどの活餌も当然とても有効ですのでぜひ、詳しく知って自分好みの餌を見つけてみましょう。 特にミジンコやゾウリムシなどの活き餌は稚魚からその後の成長促進や生存率を大幅に高めてくれますが、 ミジンコやゾウリムシなどをある程度知っておくことが重要です。



9.メダカ飼育時の日々のメンテナンス、便利なコケ掃除生体など

   メダカを飼育している際、水替えや水槽の掃除など日々のメンテナンスなどが必ず必要になってくることがあります。 屋外でメダカ飼育をする場合も、屋内で飼育する場合もコケのことなどは頭を悩ませる種です。 そこでコケが発生するメカニズムや、除法法、コケを撃退してくれる生態、貝やエビ類などのことをよく知っておくと大変役に立ちますよ。



10.メダカ水槽に現れるやっかいな生物達

   メダカを飼育しているとサカマキガイ、モノアラガイ、カワコザラガイ等、メダカ以外の 招かれざる客がどうしても紛れ込んでしまったり発生してしまうこともあるでしょう。 そういった場合はどんな対処方法をとればいいのでしょうか?分かる限りですが 記事を追加していこうと思います。



11.メダカの季節ごとの管理や飼い方

   メダカをとりまく環境は季節ごとに日々変化していっています。 当然ですが、夏と冬では同じ環境で大丈夫ということはほとんどありません。 それでは季節ごとの対策はどのように考えればいいのでしょうか?



12.水草の育成方法やボトルアクアリウムについて

   水草やボトルアクアリウムの知識があればもっとメダカの飼育が楽しくなります。 水草の育て方やボトルアクアリウムの作り方まで詳しく書いてみましたので 是非ご覧ください。



13.メダカを飼育する際にしっておいた方がいいこといろいろ

   メダカを飼育していると日々いろいろな疑問がでてきます。 または思いもつかないようなできごとがたくさんあります。 現在のメダカ業界はどうなってるの?などいろいろな記事をまとめてみました。





14.めだかの種類・品種について

 現在数百品種存在するといわれるメダカの品種・種類を解説していきます。 日々増え続けるメダカの種類、体型をこれからもどんどん追加していく予定ですのでご期待下さい。



15.メダカコンテンツ

 メダカやメダカ業界メダカイベントなどについての情報を配信していきます。現在計画中の企画もありますのでお楽しみに!



16.メダカ日和番外編



17.お客様への大分観光案内


 今後も多数のコンテンツを追加配信していきます。これからも大分めだか日和をよろしくお願いいたします。




-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-


-スポンサードリンク-



大分めだか日和その他のページヘ

大分めだか日和販売ページへ

メダカのコンテンツへ
トップページへ戻る