メダカ飼育の初心者が揃えておきたい飼育用品!必見ですページ メダカに関する情報をどんどん配信!初心者向けコンテンツから玄人必見のコンテンツまで盛り沢山で更新中。知識欲を満たそう!

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

メダカ飼育の初心者が揃えておきたい飼育用品!必見です


20151015155213-e1f3136911c904036d859579533e02febb3c8a0e.jpg

メダカ飼育の初心者さんがメダカを購入する祭、どんな道具・飼育用品が必要かわかりませんよね?正直にいいますと本当に必須なのはメダカと飼育容器だけです。あとはどうにかなります。 それでも持っていたほうが飼育が楽に・便利になるものがたくさんありますので簡単に説明していきます(*^^*)


大分めだか日和販売ページへ

メダカの飼育用品のコンテンツ



スポンサード

1.メダカの飼育容器とメダカは必須

20151015155135-d9cbe686e43406ac7bd3fc55103533b0bfc0bdf8.jpg

 メダカを飼育する時、必須なのはメダカはもちろんですが(笑)メダカの飼育容器です。まず、いくつか例を上げていきます。手に入れるのが容易なところからいうと、バケツ・タライ、プラケース・プラ舟、発泡スチロール、 水槽、水鉢などでしょうか。それぞれの特徴をあげていきます。



楽天市場をご利用ならお得に買い物ができる!


バケツでの飼育

 まずはバケツですが、コレはほとんど買うまでもなくご家庭にあると思います。バケツ飼育でのメリットは移動が楽ということでしょうか。どこでも好きなところに移動、設置ができます。 良くない部分は観賞用としてはあまり見た目が良くないことでしょうか。とにかく必要最低限でメダカを飼育したいという方には十分バケツだけで飼育できます。ただ、少しなんか寂しいですね・・・(笑)



タライでの飼育

 同じように簡単に手に入るのはタライです。もちろん、コレもシンプルこの上なくメダカを飼育できます。ただ、こちらも少し見た目が・・・ですね。バケツに比べて水量にたいして水面の面積が大きいので 酸素が溶け込みやすくエアレーションなしの方などにもいいですね。



プラケース・プラ舟での飼育

 プラケース・プラ舟ですがこちらはメダカの屋外飼育の定番です。サイズも選択可能で耐久性もバッチリで安価・色も選択できるので雰囲気もだせます。 グリーンのプラ舟にホテイ草などの浮草を浮かべて飼育というのが一番ベタなメダカ飼育の方法な気もします。飼育数が増えてくるとここにたどり着く人が多んじゃないでしょうか。



発泡スチロールでの飼育

 発泡スチロールですがメダカや熱帯魚等を通販などで購入した際や市場などでよく手に入ります。見た目・耐久性はよくありませんが保温性は抜群なのでとても優秀な飼育容器ともいえます。 わりと手に入りづらかったりもしますがメダカ飼育に是非役立ててください。下の写真のようなメダカ用に使える発泡スチロール容器もおすすめです。



水槽での飼育

 水槽は言うまでもないかもしれませんが、屋内飼育の飼育容器では王道ですね。メリットはアクセサリーが豊富でインテリアとしても美しく、なんといっても横見でメダカを観察できることです。デメリットとしては 価格が高いものが多い、綺麗で高価なガラス水槽なども屋外飼育では割れやすかったり、周囲が丸見えな為、メダカにストレスをかけやすいといった点です。屋内飼育の場合はほとんど水槽一択に なることが多いでしょう。(もちろん水鉢や他の飼育容器で屋内飼育もでいますが)



水鉢・睡蓮鉢での飼育

 最期に水鉢・睡蓮鉢ですが観賞用に凝った水景を演出したり、簡易なビオトープを作ったり、見た目も美しいものがあるのでメダカ飼育には最適だと思います。ただ、価格・スペース効率・丈夫さなどで プラ舟などに軍配が上がるのでメダカを大量に飼育するのではなく、少数を美しく観賞したい人には最適かもしれませんね。

2.濾過器(状況に応じて)

大分めだか日和のオリジナル濾過器

 宣伝になってしまいますが当店が使用している大分めだか日和オリジナルの濾過器です。底面フィルターや投げ込み式フィルターなどのいいとこどりの特性で制作されています。 濾材のメンテナンスも簡単で濾過能力も素晴らしく、水流も調整できます。コストも安く、水換えを大幅に減らす事ができるのでお勧めです。

20151015153133-26f0c6ee7ae5518feb1483190c6e5ca5ce480a03.jpg

 メダカ飼育において、濾過器は必須なものではありません。(特に屋外)ですが、もちろん、あったほうがメダカの飼育が楽になりメンテナンスに余裕ができるのは確かです。 いくつかメダカに使える濾過器の例をあげてみます。

投げ込み式フィルター

 エアポンプと一体型の濾過器でエアレーショエアレーションンと一緒に飼育水も濾過してくれる簡易なもので。簡易なものですがもちろん無しと有りでは雲泥の差があります。 数百円~購入できますので初心者には一番手が出しやすいです。メダカ飼育にはこれで十分だったりもしますが濾過能力はそれほど高いものではないのとわりと頻繁なメンテナンスが必要です。



底面フィルター

 エアポンプのエアレーショエアレーションンでおこる水流と底面にひいてある底床を利用し、生物濾過をします。もちろん、濾過能力は高いですがメンテナンス性はよくなく、 特に水草などを植えている場合はリセットすることになります。メンテナンス自体を頻繁にしない人には良いですが、水草を植えたり綺麗なレイアウトを保ちたい人には向いていません。



外掛け式フィルター

 設置も簡易でメンテナンス性もよくメダカにも向いているように思いますが、メダカ飼育という点では1つ気をつけておかなければいけないことがあります。 それは外掛け式フィルターから水槽に水を戻すときに発生する水流です。メダカは水流に逆らい泳ぐ修正がありますので水流が強かったり、飼育容器内の全てで水流ができている場合に 休みなく泳ぎ続けて体力を消耗して死んでしまう場合があります。外掛け式フィルターを使用する場合は水流を弱める工夫が必要です。



3.メダカの餌

20151015153509-5d63aa95bd11c5eff4be2a101d9506a043686f67.jpg


20160719022928-f9910e9d5cf7d21c5ecaf5d8c462e769276c9e19.png

 メダカを元気に育てるには専用の餌は必須です。また、大きさや色揚げ・健康状態・成長スピードにも差がでてきますので正しい餌を選びたいですね。

メダカの餌(成魚用)

 メダカの成魚を元気にそだてる為の餌です。色揚げ効果があるものとそうでないものでは発色に差がでてきます。 せっかくの美しいメダカの色が薄くなってしまわないよう、餌にも気をつけましょう。ミジンコウキクサなどあまり知られていない餌になる浮き草も、大分めだか日和では販売しています。

メダカの餌(稚魚用)

 メダカの稚魚は大きな餌は口に入らないため、専用に小さな粉の餌が必要です。当店の稚魚用餌は小さい粉にすりつぶしているため、 稚魚でも問題なく成長できます。メダカの稚魚の餌の販売はこちらから

活き餌

 メダカの活き餌といえばゾウリムシ・赤虫・ボウフラ・ミジンコなどがあげられます。ゾウリムシミジンコなどは繁殖もさせやすく栄養もあるので 当店でも販売しています。簡単ですのでお勧めです。



4.底砂(飼育者の好みで)

赤玉土・黒玉土・ボラ土など

 赤玉土・ボラ土・黒玉土などは園芸用として使用される土で、メダカにちょうどよい水質に安定させてくれたり、濾過バクテリアを棲み着かせるのに都合のいい形状をしています。 他の土を上からかぶせて使用したり水草を植えることもできるメダカの飼育には定番の底床です。とにかく低価格という点も魅力的です。少々価格はあがりますが、メダカの黒玉土というものもあります。



化粧砂・大磯

 いわゆる土ではなく石の粒ですね。いろいろな種類がでていてお洒落な感じや高貴な雰囲気を演出したり見栄えを良くするには最適です。 ただし、水質の安定性などでいうと濾過バクテリアが棲みつきやすい多孔質ではない為、土には劣ります。大磯などは低価格で購入できますが美しい化粧砂は高価なものが 多いので屋外で大量に飼育される方には現実的ではないほどのコストがかかります。ほとんどの場合、屋内の水槽飼育などの用途に限定されるかもしれません。



観賞魚用・水草用のソイル

 小さく上品な色の粒で見た目もよく水質の安定性も良いのですが、こちらも室内用といった感じで屋外の大量飼育ではコストがとても高くなります。 やはり屋内の水槽用といった感じですね。下の写真のようなメダカの専用ソイルもいいですね。



 

5.水草(必須ではありませんが)

20151015153851-87bf5524e3fc81cf13bd5ad23c3f6461eaaa19cd.jpg

20150908134342-6432e9b4c3364aaecf94a90d9e37b50c6164359c.jpg
5本セット
10cm前後

20160719235735-85f04326d05d1182ab5c41b3ee2038066608797a.png

 メダカ飼育・メダカ水槽でよく使用される水草です。お好みで使ってみましょう。 効果としては自然に近づけてメダカを落ちつかせたり、水草の成長により飼育水の養分を吸い取って浄化してくる効果もあります。

アナカリス

 アナカリスは初心者にお勧めの頑丈な水草の代名詞的な水草です。育成が簡単で水に浮かべて適度に日光が当たれば順調に成長してくれます。 詳しくはこちらのページもご参考にしてください。アナカリスの増やし方、育て方(オオカナダモ)

ホテイ草

 とても有名な水草で紫色の花を咲かせる浮草です。メダカ飼育の定番でメダカの産卵床として使用している人もいます。安価でホームセンターなどでも てにはいります。

ウィローモス

 こちらもとても有名ですが、水槽での飼育ならとても丈夫でメンテナンスも楽です。流木にくっつけたり、繁茂させると大変美しい水景を作ることができます。 少量で販売されていることが多いので思い通りの状態まで繁茂させるのに時間がかかるのが難点です。

マツモ

 初心者用の水草といえばこちらもよく紹介されます。もちろん土に植えなくても育成も容易でその姿も美しいです。ただ、環境があわなければ、 溶けるようになくなってしまう場合があります。

アマゾンフロッグビット・オオサンショウモなど浮草

 アマゾンフロッグビットオオサンショウモなど浮草の多くは育成が容易でメダカ飼育とも相性が良い物が多いですがその反面増えすぎて水面を覆い尽くし、メダカに光が当たらなく成ってしまう場合があります。 適度な間引きさえすれば、美しい水景、メダカの隠れ家になるので初心者にはお勧めです。


6.石や流木などの装飾類

 観賞魚の飼育でよく見かける石や流木などですが特に必須と言うわけではありません。雰囲気を楽しみたい方はお好みでいれましょう。メダカもリラックスしてくれますよ。



 装飾用の美しい石が観賞魚店にはたくさんあるとは思いますが、その中でも水質を変えてしまう石を入れないように注意しましょう。 サンゴなどを入れてしまうとアルカリ性に傾いてしまいますので水質が急変してしまう場合があります。もちろんサンゴ砂などでPHを調節するのも有効ですが



流木

 お店で販売されているものの他に川や海で拾ってきてもイイかもしれません。ただし、その場合はアク抜きや殺菌などをしないといけない為、 流木が水に沈むまで強制的に重りを付けて沈めたり、煮沸しないといけません。拾ってきたものを使用するのはそれなりに大変な場合もありますので注意してください。



7.エアレーション・水温計など小物

 その他にもあったほうが便利なものがたくさんありますので紹介していきます。

エアレーション

 酸素不足になるような匹数・水面の面積が狭い容器などの場合はエアエアレーションレーションすることが必須になります。メダカやエビ、貝などへの 酸素の供給だけでなく水を動かすことによって油膜を防ぐという効果も期待できます。強い水流が発生しないように気をつけましょう。 酸欠にならないような状態であればもちろん無くても飼育できます。 エアレーションについてはこちこらもごらんください。メダカの飼育にエアレーションは必要?



水温計

 水温計も必須ではありませんが水温を知ることによって繁殖のタイミングを知ることがきたり、真夏や真冬の水温対策ができます。 特に真夏などは思わず水温になっていることがありますので要注意です。



ヒーター

 ヒーターを使用することによってメダカのの産卵のタイミングをコントロールできたり、冬でも冬眠させずに過ごせたりとメリットもたくさんあります。 メダカのブリーディングを考えている人は検討してみましょう。



LED等、照明用具

 メダカを屋外の日当たりのいい場所で飼育する場合はもちろん必要ありませんが、屋内飼育や日陰では必須になります。 メダカが成長する為、生存するためには日光・またはライトの光は必須であきらかに成長のスピードや健康具合に差がでてきます。 室内では最近はLEDが主流になっていますので電気代もそんなに気にしなくて大丈夫です。



バックスクリーン

 水槽飼育の場合はメダカの体色を引き出す為にバックスクリーンを貼ったほうがいいでしょう。 もちろんなくてもいいですが赤系のメダカなどに黒いバックスクリーンを貼るなどすると体色をより強く引き出すことができます。



カルキ抜き

 水道水を数日汲み置きしておけばカルキは抜くことができますのでもちろん必須ではありません。ですが メダカの卵の育成用容器にしようする水を即座に作ったりすることができるのであったら会ったでとても便利です。 カルキ抜きについてはコチラもご覧ください。カルキ抜きの水をつくる(メダカの飼育水をつくる)



メダカを掬う網

 なくてもいいものですが水換えやメダカの引っ越しなどで使います。小さめのものが便利です。ブリーダーさんやこだわりのある飼育者は、 メダカの体に傷をつけ無いためにお玉ですくったり他の容器で水ごと掬うという方も多いです。



飼育容器の清掃用具

 スポンジなどで良いですが洗剤などは使わず、濾過器などに関してはバクテリアを残したい場合は飼育水で洗いましょう。





8.まとめ

 ものすごく簡単に説明してみましたが飼育のスタイルによって必要なものもいろいろ変わってくるかと思います。 自分の飼育スタイルを考えていろいろな道具を揃えていきましょう。みなさんのメダカ飼育のお役に立てれば嬉しいです。



楽天市場をご利用ならお得に買い物ができる!

スポンサード

-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-


関連コンテンツ




大分めだか日和その他のページヘ

大分めだか日和販売ページへ

メダカのコンテンツへ
トップページへ戻る