メダカにエアレーション(エアポンプ)は必要?水槽にエアレーションする理由ページ メダカに関する情報をどんどん配信!初心者向けコンテンツから玄人必見のコンテンツまで盛り沢山で更新中。知識欲を満たそう!

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

メダカにエアレーション(エアポンプ)は必要?水槽にエアレーションする理由


20150603220600-a824ffe9a949e03321521a7a61902d2b6ad5c526.jpg

メダカを飼育するために、エアレーションをする必要はあるのでしょうか?多分、どちらとも意見が別れることでしょう。ということでメダカに対するエアレーションの有無によるメリットとデメリット、 水槽にエアレーションをすることの意味について考えてみます。


大分めだか日和販売ページへ

メダカ飼育にエアレーションは必要?のコンテンツ



スポンサード

1.水槽にエアレーションをする理由とメリット

 まずは水槽にエアレーションをする理由からです。もちろん第一にメダカに酸素を供給するということです。いくら水の中に住んでいるとはいえ酸素がまったくない状況ではメダカも生きていられません。 開口部の水が空気に触れる面積が多ければ酸素が水に溶け込みやすく自然に溶け込む酸素だけでもメダカは生きていけます。特に屋外の場合などは水面などが風で揺れているだけでも自然に空気中から水中に溶け込む酸素の量は増えます。

ただ、これはある程度の条件があります。例えば過密飼育をしないこと、(酸素が溶け込む量に対して メダカの飼育数が多ければもちろん酸欠になります。)、水温が過度にあがらないこと、(水温が上昇すると水に溶け込む酸素の量が減る為夏場は要注意です。)、 飼育容器の開口部が狭い、(開口部が狭い容器で飼育すると空気に触れる面積も少ないため、自然に溶け込む酸素の量が減ります)

濃すぎるグリーンウォーターは夜に酸欠になる(これはメダカが夜になると酸素の少ない水槽の下部に集まること、植物性プランクトンが酸素を消費することが要因と言われています。) こういったことを解消するために、エアポンプなどを使いエアレーションをおこなえば、心配ごとはかなりへりますね。もちろんエアレーションすることにより水が循環し、底面濾過が使えたり、投げ込み式のフィルター付きエアポンプなら それだけで水を濾過できますので水質維持という観点でもメリットがあります。

2.水槽のエアレーションは一日中したほうがよい?

 エアレーションをすることでメダカに酸素を供給している訳ですが、さっきも書いたようにメダカは過密飼育してなく十分な開口部と水量での飼育なら問題なく飼育できます。 それなら一日中エアレーションしなくても電気代節約の為にも夜はエアレーションをやめてもいいんじゃないの?と思うかもしれませんね。 確かにそれでもいいのですが、酸素濃度を高めて水槽の環境安定に、水質濾過に非常に重要な役割を持つ好気性バクテリアを増やしたり働きを活発にするという意味や、濾過フィルターが壊れた時に即酸欠にならないようにする為、 という意味では緩めでもいいのでエアレーションはしておいた方がいいのかもしれませんね。

水草を大量に植えているという場合も昼間に光合成で酸素を供給してくれていたとしても、夜は水草も酸素を消費していますので夜の酸素消費量がメダカや観賞魚の生存に必要な酸素量を上回れば溶存酸素量が 足りずに酸欠になる場合もあります。(一般的に光合成をすることで酸素をたくさん供給してくれる水草がたくさん植えられた水草水槽でも、植物が呼吸をして酸素を消費する夜間はエアレーションをする 場合が多いです)

もちろん飼育容器の大きさとメダカの量にも余裕があるし、水質も安定しているという方は24時間エアレーションしないといけないわけではないので止める時間があっても大丈夫です。 要は酸素の供給されている量、溶存酸素量、メダカや生体の飼育数、水草の数などのバランスが大事だということです。

3.エアレーションがいらないという人の意見と環境

 エアレーションはなくても飼育できる為、いらないという方もたくさんいます。まずは上記の条件を満たすことが大切ですが。エアレーションがいらない場合のメリットは というと、余計な水流をつくらなくていい(本来メダカは水流のほとんどない田んぼなどに生息しているため、水流はいらないと言われています、人によっては 適度な運動がメダカに良いという人もいます)メダカは水流にさからって泳ぐという習性があるため、エアポンプから排出されるエアーによっておこる水流にも逆らって泳ぎます。 このためにメダカは体力を消費してしまい長生きしにくいなどとも言われる場合があります。 ブリーダーさんによってはエアレーションがなく自然なグリーンウォーターで育てた方が強いメダカが残るという方もいますし、 メダカには酷な話しですがそれももっともなのかもしれませんね。

ちなみに私はというと屋内でもほとんどエアレーションはしていません。 ボトルアクアリウムや小型水槽でメダカやエビを飼育してますが、正直な話、やはりメダカや小型のエビという条件に限れば飼育数を少なく調整すれば エアポンプからのエアレーションなしでも十分に飼育可能です。 ただし、私の場合十分に水草も植えてありますし、酸欠にならないよう水草が育ち、バクテリアも繁殖するよう徹底的に環境は考慮しています。 ここはある程度の経験がないとエアレーション無しでの長期飼育は難しいかもしれませんね。



スポンサード

4.溶存酸素量が足りない場合の生体の危険信号



楽天市場をご利用ならお得に買い物ができる!


 メダカに限らず、飼育している生体によって必要な酸素量は変わってきますが、やはり溶存酸素量がたりず、酸欠気味になってくると飼育している生体も酸素不足になっていると わかるような行動をとるようになります。メダカなど魚類やエビ類など(おそらく巻貝なども)でいえば溶存酸素量がたりなくなっている場合、 生体が水面付近まであがってきます。餌をあげているわけでもない(人の気配がない場合なども)のに大量のメダカ(他の魚類でも)が水面で口をパクパクしだしたら メダカが酸欠になっている可能性が高いと思ってもいいです。

金魚など体の大きな魚はより大量の酸素が必要になる為、酸欠の症状も早く現れ顕著になります。 そういう状態を見つけた場合は一刻も早くエアレーションしたり、一つの容器内の飼育数を減らしたり、水量を増やしたりと、酸欠になった原因を発見し解決策・対策を考えないと全滅する恐れもあります。 (かなりの数の生体が死んで溶存酸素量が足りた状態になれば、生体の死亡がおさまる可能性はありますが、生体が死亡、分解される際に排出される物質による水質悪化や 富栄養化が促進されるというダメージは確実に受けます)

5.エアレーションの方法

20160519124309-fb6313b719f9d685e31596d5f4332a0799d11311.jpg
1個
1個:パイプ系50×幅200(ミリ)水深100用
1個
1個:パイプ系50×幅200(ミリ)水深130用
1個
1個:パイプ系50×幅200(ミリ)水深150用


20160720115708-6fde926b9dd7b9baa43cfa9d67647432d01dcbe1.png

 通常エアレーションはエアポプからつながるパイプにエアストーンをつけたものを水槽・飼育容器に放り込んでおけば十分です。 泡がでることにより水中に緩やかでも水流が発生し、水面から溶け込む酸素量も多くなり、また酸素を含んだ水が飼育容器を循環するというよい流れもできます。

あとはロカボーイや水作など、投げ込み式ポンプなどを入れておくだけで、水も濾過しつつ酸素を供給できるので一石二鳥です。むしろどうせエアポンプを使ってエアストーンから エアレーションをするのなら、投げ込み式フィルターなどの簡易な濾過フィルターだけでも設置しておいたほうが圧倒的にお得です(投げ込み式フィルターなどの 見た目が嫌いな人にはおすすめできませんが)

もちろん、当店でも販売している上の写真のメダカの濾過器を 使用してみるのもいいでしょう。外掛け式フィルターや外部フィルターなどの濾過器をしようしている場合でも水流をつくり水面を揺らしているという意味でエアレーションの効果は期待できます。 (実はほとんどの場合、水面が揺れている程度で十分な酸素が溶け込んでいるといわれていますし、私も体験談からそう思います)

6.ではエアレーションはいるの?いらないの?

 結局回答としてはどちとも答えることができますね。エアレーションなどしなくて自然に取り込まれる酸素で十分たりるという環境であればエアポンプを使ってブクブクと泡を排出する エアレーションは必要なく、メダカ(生体)の量が多くて酸素が足りなくなる、酸欠の不安がある場合にはエアレーションする。 または濾過フィルターとエアレーションを兼ねて上の写真のような投げ込式フィルターや当店で販売している濾過器を入れる、というような考えでよいのではないのでしょうか。 どちらがいいかというと難しいかもしれませんが、他のエアレーション必須の淡水魚などに比べれば飼育が容易なメダカならではの悩みかもしれませんね(^^)以上のことを考えて、 自分の飼育スタイル飼育環境にあわせて使いわけましょう。

7.まとめ

 エアレーションについて書いてみましたが結局、水槽や飼育環境の違いで必須であったり、特に必要でなかったりということです。二酸化炭素(Co2)を使用するような高度な水草育成をしている方はエアレーションをすべきか (水草の育成のためCo2を添加していてもブクブクと直接エアレーションすると水中のCo2を逃してしまう場合があります)考える必要がありますが、アクアリウム初心者やメダカの飼育初心者は 不安なようなら緩めでもいいのでエアレーションをしておけば酸欠に対する不安は解消できるかも知れませんね(*^^*)


スポンサード

-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-


関連コンテンツ




大分めだか日和その他のページヘ

大分めだか日和販売ページへ

メダカのコンテンツへ
トップページへ戻る