メダカとグリーンウォーター(青水)の密接な関係!メリットとデメリット!作り方~対策・除去ページ メダカに関する情報をどんどん配信!初心者向けコンテンツから玄人必見のコンテンツまで盛り沢山で更新中。知識欲を満たそう!

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

メダカとグリーンウォーター(青水)の密接な関係!メリットとデメリット!作り方~対策・除去


20150524225130-c5f6844aa74481a0a5b2679dc2ab2950be234780.jpg

グリーンウォーターの緑色の水は見た目も悪いし、メダカの飼育にも良くないの!?(もちろん金魚などにも)いえいえ、そんなことはありません。 実は金魚屋さんやメダカ屋さんも好んで使用することも多いグリーンウォーターの働きを勉強してみましょう


大分めだか日和販売ページへ

メダカとグリーンウォーターの密接な関係~コンテンツ



スポンサード

1.グリーンウォーターって!?(青水・緑水)

 グリーンウォーター(青水・緑水)は屋外でのメダカ飼育または淡水魚を飼育している方ならよくみかけることもある、あの池や湖のような緑色の水のことです。また、アオコや水の華などとも 呼ばれています。緑色になる理由はアオコなどの植物プランクトンの大量発生が原因です。主にメダカ飼育時に発生するグリーンウォーターは緑藻類で植物プランクトンがメダカなど飼育魚のエサになり飼育している魚からするとプラスに働く点も多いです。 もし、グリーンウォーターを作りたい場合は日光の当たる場所にバケツなどに水を入れてほうっておけば勝手に緑色に変化してくれることがほとんどです。

2.メダカの飼育にグリーンウォーター(青水)を使用するメリット

20150508223610-eddda7824997eb0a4a632b631d6c28ca8a4d96f4.jpg

  メダカや金魚の飼育に使用するメリットは多岐にわたります。まずは先ほども述べたように、植物性プランクトン自体がメダカのエサになる、 メダカや金魚など、生体が排出した糞に含まれる生体に対して有害な窒素化合物等を植物性プランクトンは栄養分として吸収してくれる(水草も同じように吸収してくれます)、 ミジンコタニシなどの餌にもなる(ミジンコやヒメタニシを入れておくと水が透明になってくるのは水中に繁殖した植物性プランクトンを食べる為)です。 場合によってはメダカ自体に、人工的な餌を与えなくてもしばらくはグリーンウォーターで問題なく生存してくれます。

これはもちろん、グリーンウォーターで発生している植物性プランクトンをメダカが捕食している為です。 稚魚の飼育時にも大変有効で、小さな稚魚でも植物性プランクトンを食べて成長してくれるため針子の時はグリーンウォーターのほうがより安全に育てられる場合もありますので、 わざとグリーンウォーターで飼育する方もたくさんいます。適度なグリーンウォーターだと健康状態もよくなるのでメダカも当然美しい体に育ってくれますし、色揚げ効果も期待できます。 弱かったメダカを療養させるのもいいですね(^^)/

先程もいいましたが、体の大きさに対してたくさんの餌を必要とし、回数も多くたべないといけない、口が小さい為、食べられる餌も限られるというメダカの稚魚の状態ではグリーンウォーターが大変、重宝されています。 これまで綺麗な飼育水で稚魚の育成に失敗してきた方はグリーンウォーターでの育成に挑戦してみてはいかがでしょうか。稚魚の生存率がぐっとアップするかもしれませんよ。

3.グリーンウォーター(青水)を作りたい場合の作り方

20150508215424-862e20495b5493faae9513e3c85bd7dc73810200.jpg

  グリーンウォーターを故意に早く作りたい場合もあるでしょう。先ほど書いたように放っておいても簡単にグリーンウォーター化するのですが、そういった時は生体を入れておいたり、刻んだ水草を少量いれておいたりすれば、 早くグリーンウォーター化してくれます。もちろん日があたる温かい場所のほうがグリーンウォーター化しやすいです。後半にも書いていますがヒメタニシや、ドブガイ等の二枚貝、(理由は 濾過摂食という摂食方法で水中の植物プランクトンを濾し取って食べてしまう為)水草などを入れていると初期のグリーウォーター化は遅れてしまいます。 逆にもともと他の飼育容器にグリーンウォーターがあるのでしたらそちらを新しくグリーンウォーターにしたい容器の種水として入れておけば全体がグリーンウォーターになる速度も早くなるでしょう。

20160705120045-8d3f2fa2d374e9bbe7bf012886eed9212843d139.jpg 20160705094724-cbe3180300f3b7d2f554ce5e3fe1fbe03fba128a.jpg

▲上の写真のような赤いメダカにしたい場合も生クロレラは有効です。
クリックして▶メダカの販売ページを見てみる

 後述しますが、メダカやミジンコの飼育に最適なグリーンウォーターは緑藻(りょくそう)類によるグリーンウォーターで、この緑藻(りょくそう)による グリーンウォーターを人為的に作るには生クロレラ(生きている緑藻類)などがあると容易に生体に栄養満点のグリーンウォーターを作ることができます。 この生クロレラはもともと、ミジンコなどのエサになる植物性プランクトンを増やす為に開発されたものですので、もちろん、生体にもよく、メダカを飼育するグリーンウォーターとしては最高のものができるでしょう。

生クロレラは大分めだか日和で大好評、絶賛販売中です。他店ではほぼ取扱のない貴重な生きたクロレラですのでグリーンウォーターを作りたい、ミジンコに餌を与えたい、繁殖したい、 メダカ、またはメダカの稚魚を元気に育てたいという方は必見です。


20160714112242-ede82d4b892db30a79e71f69a252cb609a5ad8d4.jpg
20160706110543-ba329846901316030e6aee1377338c330b5de0f9.jpg
濃縮生クロレラ1本
180cc
(クロレラ水約180リットルぶん)

20160719022928-f9910e9d5cf7d21c5ecaf5d8c462e769276c9e19.png

4.グリーンウォーター(青水)の落とし穴(デメリット)

 もちろんグリーンウォーターで飼育することはメリットも満載ですが気を付けなければいけない思わぬ落とし穴もあります。まずは見ればわかると思いますが、その見た目です。せっかく観賞用に メダカを飼育しているのにグリーンウォーター自体が好みに分かれますね。そしてメダカが潜ってしまうともはや観賞すらできません。いくら健康状態がよくても観賞用のメダカが鑑賞できなくては まったく意味がないですね。アオミドロも発生しやすい状態になっています。 したがって、水槽などで横からもじっくり観察したい人には完全に不向きな環境です。 室内で熱帯魚を飼育している人などからするとグリーンウォーターは迷惑で厄介な存在以外の何者でもありません。

  次は天敵のヤゴ(トンボの幼生)や肉食の水棲昆虫、ゲンゴロウやタガメなどが混入してしまった場合もまるで見えない為、食べられ放題です。仮にボウフラが増殖しても気づかない場合も・・・。 グリーンウォーターはメダカの姿も見つけづらくしますが、メダカの天敵達も見えなくしてしまいます。その為、グリーンウォーター化した、飼育容器のメダカがどんどん減っていき、 姿を見かけないと思ったら容器の中にヤゴが入っていたというのはよくある話しです。ヤゴは底砂の上にいる為、グリーンウォーターでは目視では殆ど見つけることはできません。

他にはあまりにもグリーンウォーター化が進み水がドロッとしたレベルまでくるとこんどは夜間に酸欠になる恐れもあります。何事も行き過ぎは危険です。 グリーンウォーターがめだかに良いといって低床にあまりにも有害なものがたまりすぎると生体が生存できなくなる場合もあります。 メダカの成長具合に個体差がでてきた場合も要注意です。何の問題もなく大きく育ったメダカはいいのですが成長速度が遅いメダカ、あまり成長できなかったメダカは 大きくなった個体に食べられてしまうということもあります。もちろんこれは透明な水で飼育していてもあることなのですがグリーンウォーターでの飼育の場合は 個体の成長速度の差に気が付けない場合があります。弱いものが淘汰されて強いものが生き残るのは自然の摂理かもしれませんが飼育下のメダカはなるべく元気に育てたいものです。



スポンサード

5.グリーンウォーター(青水)にしたくない場合・対策と除去

20160706110418-8bffc5bd4e37d465f866d120461a604eb160e521.jpg
10匹セット
成体

20160719020553-b4fc2dabf1a2a6397476d8e0c75f384c16ede89b.png

 グリーンウォーターにはしたくないという人の為に、グリーンウォーター化を遅らせる方法を記しておきます。グリーンウォーターにしたくない場合の対策は水質浄化の作用をもつ(濾過バクテリアが棲み着きやすい)、 多孔質の赤玉土・ボラ土・ソイルなどを低床にひいたり、ヒメタニシや二枚貝などを投入しておくことなどがあげられます。ソイルをしけば、ソイルに棲みついたバクテリアが水質を浄化してくれますし、ヒメタニシや 二枚貝は増えすぎた植物性プランクトンをこしとって食べてくれる為、飼育水の透明度があがります。(当然ですが水の浄化能力が上回ると透明な水になります)日当たりがよすぎない場所に飼育容器を移動したり水草や浮き草を投入して、水中の養分を 吸収してもらうのも有効です。メダカの餌についても植物性プランクトンの餌となる(窒素やリンなど)をあまり含まないものにするなどの対処方があります。同様のことを心がけることでもちろんグリーンウォーター化対策と除去の方法にもなりますので覚えておきましょう。
 主に屋内水槽での話になるとは想いますが人の手で強制的にグリーンウォーターを濾過したい場合は外部フィルターとUV殺菌灯を利用し水を循環させるという方法などもあります。

6.グリーンウォーター(青水)を早くつくる為のポイント

グリーンウォーターを作る為に特に早く、効率的に作りたい時に気をつけておいたほうがいいことを書いてみます。まずは、グリーンウォーターを発生させるということは植物性プランクトンを繁殖させるということでもあります。 ということは、根から水中の養分を吸収して成長するようなホテイアオイやその他にも浮き草や水草をいれることはやめておいたほうがいいといえます。植物性プランクトンを発生させる為の養分をホテイアオイなどの浮き草や水草が 吸収して透明な水を保ってしまいます。これでは、なかなかグリーンウォーター化は進みません。濾過バクテリアの棲みつく赤玉土など低床もグリーンウォーターを作るという段階ではない方がよいかもしれませんね。

グリーンウォーターが入った容器が別にある場合は、新しくグリーンウォーター化したい飼育容器やバケツに、古いグリーンウォーターを種水として少量でも混ぜてあげれば、グリーンウォーター化が一気に加速します。 そういった意味でも当店で販売している生クロレラなどは簡単にグリーンウォーターを作れるということになりますね。



楽天市場をご利用ならお得に買い物ができる!


7.実はグリーンウォーター(青水)にも種類がある?

 実はグリーンウォーターにもいくつか種類があったというのを知っていますか?
まずは緑藻(りょくそう)類によるグリーンウォーターですが、これは無機栄養が多い状態で発生する、 メダカや魚類にとって水質の悪くないバクテリアが機能しているものです。一般的にこちらの グリーンウォーターが好まれます。
  次に珪藻(けいそう)類によるグリーンウォーターです。 無機栄養が多い緑藻のグリーンウォーターと似た条件で 水質が悪くなった時に発生しがちです。緑藻のグリーンウォーターより色が茶色っぽくなり、 一度茶色っぽくなったグリーンウォーターは緑にはなかなかもどることはないようですので 水換えやリセットを考えなければ行けないかもしれません。
最期に藍藻(らんそう)(シアノバクテリア)類によるグリーンウォーターです。 前の2つとの大きな違いは有機物が多い時に発生するグリーンウォーターで沼や湖で見られます。 この場合かなりの水質悪化が進んでいて悪臭を放ちもちろんメダカやほかの魚類など 生体にも悪い影響を与えます。完全に放置した水槽などでおこるような大変な水質の悪化がおこっていますので ここまでの状態にしないように気をつけてください。

  いかがでしたか?デメリットについて少し書きすぎた点もありますがもちろんメリットも満載ですので場合によって使い分ければいいと思います。あなただけの飼育環境を考えてみましょう(^^)/


スポンサード

-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-


関連コンテンツ


大分めだか日和その他のページヘ

大分めだか日和販売ページへ

メダカのコンテンツへ

トップページへ戻る