ホテイアオイ・ホテイ草の育て方~開花~越冬まで!メダカと相性抜群です!ページ メダカに関する情報をどんどん配信!初心者向けコンテンツから玄人必見のコンテンツまで盛り沢山で更新中。知識欲を満たそう!

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

ホテイアオイ・ホテイ草の育て方~開花~越冬まで!メダカと相性抜群です!


20151027143330-c4c4d1298e3f7a9981dbf8e04956b221b24ca1a4.jpg

 メダカの飼育をしている、また始めようという皆さんならホテイアオイ(ホテイ草)という水草を知っていますよね。 メダカを庭で飼育しているようなところならだいたい見かけることのある美しい花を咲かせ水面にプカプカと浮いているあの水草ですね。 あまりに定番すぎて逆にスポットが当たらないような気がしますので今回はホテイアオイ・ホテイ草について書いてみます。


大分めだか日和販売ページへ

ホテイアオイ・ホテイ草の育て方~越冬までのコンテンツ



スポンサード

1.ホテイアオイ(ホテイ草)ってどんな水草?

20160706031524-fc8c8a2bb9ea732e2a683bd516c9872c18eef07a.jpg

20160719235735-85f04326d05d1182ab5c41b3ee2038066608797a.png

 単子葉植物ミズアオイ科の水面に浮かんで成長するホテイアオイ・ホテイ草・ウォーターヒヤシンス・スイギョク(水玉)となどと呼ばれる水草で本来は南アメリカ原産の外来種です。 湖や沼などに分布していて日本でも帰化植物としていろいろなところで見ることが出来ます。浮袋状の葉を利用して水面に漂いながら生活しています。日本には明治時代に その美しい花の観賞用に持ち込まれてきました。冬にはほとんど枯れてしまいますが株の一部が生き残ればまた繁殖する繁殖力の強い水草です。 昔から金魚飼育等の水草としても大定番で、日陰をつくる為、またその美しいホテイアオイの花を鑑賞するために使用され親しまれてきました。 なお、日本では繁殖しすぎていろいろなところで帰化しているため、要注意外来生物(悪い呼び方ではホテイアオイは別名:青い悪魔 とも呼ばれています)に指定されています。 購入した方は増えすぎたといっても自然の河川や湖・沼などに放流するのはくれぐれもやめておきましょう。

 ホテイアオイという名前の由来はぷっくりふくらんだ葉柄を七福神にいるあの布袋さんの お腹にみたて、ミズアオイ科のこの植物をホテイアオイと呼ぶようになったようです。ウォーターヒヤシンスというようにも呼ばれますがヒヤシンスとは全く別の種になります。

 葉の付き方はロゼット状で、大きく育ちやすい為、あまり屋内水槽向けの浮草でもありませんが、近年ではホテイアオイの改良品種ともされる ミニホテイアオイなども作出されています。(大きなホテイアオイは屋内で育てるようとすると高さがでてくると照明器具と干渉してきたり・水中に大きな影ができるということもあり、 屋内水槽で育てることは少ないでしょう。ミニホテイアオイなら屋内育成でも多少扱いやすいかもしれませんね)

2.ホテイアオイ・ホテイ草の育て方・増え方・増やし方

▼こんなメダカ達がホテイアオイの間を泳いでたら綺麗ですよね(^^♪
クリックして▶メダカの販売ページを見てみる

20160706040641-f8ef6f3b107c2e8763fe99e17000fc06e3341d5b.jpg 20160706030626-df2bddfe27b1f7bf6baa7d5d7cfc7253721af26b.jpg 20160706040327-d2eabc665d45225ff032f89c23041c456d31c5e5.jpg

 育て方といってもホテイアオイは育成も容易で日当りのよい屋外で水に浮かべておけば元気に育ってくれることがほとんどです。 水質は酸性~弱アルカリ性でもちろん二酸化炭素なども必要なく、育成も容易な部類な為、初心者向けとも言えるでしょう。 室内でのホテイアオイの育成も不可能ではありませんが日照時間、日光が不足すると全体が細くなってしまい花が咲いてくれません。 枯死してしまうこともあります。

肥料などは特別に与える必要もなく、逆に与えてしまうと爆発的に繁殖し大きくなってしまう可能性もあるので気をつけましょう。 育成状況で葉の形や大きさも変化し浅い容器で育てる場合、底床の用土・泥に根が届いてしまうと根から直接養分を吸収し、やはり巨大に成長し、大きいものでは草丈は最大150センチほどにも達します。(当店では大きくならない 改良品種のミニホテイ草を販売中です) この大きさにまでなると膨らみもなくなり、ホテイアオイの形状も違ったものになりますが、また水上に戻してあげると葉は膨らんできます。

花つきが悪いと感じたら底床に赤玉土など用土をひくと元気に育ってくれます。増え方はホテイアオイの株からストロンと呼ばれる細長い茎ができ、そこに子株ができて その子株からさらに子株ができて、といった具合にどんどん繁殖して増えていきます。子株に根がついてきたようなら、茎の部分をポキっと折ってしまえば株分け終了なのでとても簡単です。 育て方は非常に簡単なのでむしろ増えすぎると間引く方が大変になるかも知れません。 アブラムシなどが繁殖することもありますがジョウロなどで流してメダカの餌にしてあげましょう(*^^*)

3.ホテイアオイ(ホテイ草)とメダカの相性

20151027145345-3095c0f957e25db93cffc5f360e96e4de688ee7d.jpg

▲ホテイアオイの根にメダカの卵が産み付けられています





20170516033002-ec497ad87c49420ed5612b96257b140dfb06d221.jpg

▲当店ではより便利なミニホテイ草を販売しています。ミニホテイ草は、ただの小さなホテイ草というわけではなく、 ホテイ草と同じ特性を持ちながら大きく成長しないように改良された、まだみかけることも珍しい改良品種です。通常のホテイ草が大きくなりすぎて困っている人には大変朗報だと思います。お見逃しなく!



1株


楽天市場をご利用ならお得に買い物ができる!


 金魚の飼育に昔から用いられていたということからもわかるようにもちろんメダカとの相性もいいです。メダカの糞など排泄物が肥料にもなり、ホテイアオイが排泄物を養分としてくれるということは 水質浄化と水質の安定(成長も早く丈夫な為、養分の吸収効果も強力)にも繋がります。ホテイアオイは水中にたくさんの、まるでメダカの産卵床のようなひげ状の根を垂らしているため、 繁殖期になるとメダカはそこに卵を産み付けます。(卵から孵化したメダカを無事に成長させたい場合は卵を産みつけた時点でそのホテイアオイごと別の容器に引っ越してメダカの卵を孵化させましょう。

同じ容器内でメダカの卵を孵化させるとメダカの針子(赤ちゃん)が親メダカに食べられてしまいます。)ホテイアオイごと引っ越すというのであれば ホテイアオイはメダカの産卵床という意味でも最適です。ボウフラなどもメダカが食べてくれるので心配はありません。 夏の気温上昇時には、水温の上昇を緩やかにしたり、水中に日陰を作ってくれるという効果も期待できますね。

メダカとビオトープ

▲ホテイアオイ・ホテイ草が手前に写ってます。やはり睡蓮などと一緒でメダカしいくでは定番ですね

4.ホテイアオイ(ホテイ草)の花が咲くのはいつ?

20151027144352-4fc86a14aff7d1173bba28a1c242be662e2c5a15.jpg

 ホテイアオイは7月から10月頃、季節で言えば夏に開花します。葉の間から茎が伸びて、別名のとおりヒヤシンスのような薄紫の豪華な花を数輪から十輪ほど咲かせてくれます。 花びらは6枚で朝に花が咲いて日没とともにしおれてしまいますが、翌日にはほかのつぼみが開花してくれます。花をさかせるにはメダカの飼育水のような水で 日当りのよいところにおいておけば簡単に咲かせることができます。美しい花の下をメダカが泳ぐ姿はとても癒やされますね。

花が咲いた後は花茎が曲がって先端を水中につっこみ水中で成長し果実をつけます。 熟した果実は水中に種をばらまき周辺の水辺の泥や土に根をおろし成長していきます。ある程度、成長した後は 浮袋をつけ水面を漂うことで生活の範囲が広まっていきます。こうやってどんどん生活範囲を広げいずれは 水面を覆ってしまうことから自然下では駆除の対象となってしまうことが多いわけです。



スポンサード

5.ホテイアオイ(ホテイ草)の越冬

 ホテイアオイは本来冬になると枯れてしまう植物なのですが小さな株でも残していれば冬越しして次の季節にはまた繁殖してくれます。 あまりやる人は少ないとは思いますがホテイアオイは実は水上ではなく鉢植えなどでも栽培することができるので、冬は一株だけ室内の 鉢植えで育て春になったら屋外で繁殖などということもできます。

荒木田土とドジョウを入れた水槽に浮かべておくと凍りつくような地域でなければ越冬してくれるという事例もあるようですが(荒木田土とドジョウの排泄物による肥料の効果?) 一般的に、自然下ではホテイアオイ・ホテイ草は冬に枯れるもの思っていれば間違いないでしょう。低価格で手に入る植物なので毎シーズン新たなホテイアオイを購入してくるのもいいですね

6.ホテイアオイの利用(雑学系)

 ホテイアオイは旺盛な繁殖力があり、水中の窒素を吸収してくれるという点から水質浄化の為に、積極的に用いられているような地域もあり、また、近年ではホテイアオイを繊維素材としても利用できるため、環境的にも理想の素材ということもあり(簡単に増やせて廃棄もしなくてよくなる為)、 すでにホテイアオイの繊維素材を利用して製品を作っている業者も多数あります。

検索してみるとわかりますが別名でもあるウォーターヒヤシンスで検索すると独特の温かみと重厚感のある素材としてアジアンテイストの家具などによく用いられています。 カゴなどに用いられることが多いため、熟練の職人により、編みあげられた家具は柔軟性と耐久性、耐火性という特徴をもつこともあり、 高級リゾートやホテルなどでホテイアオイでできた家具もよく見かけることができるでしょう。

7.ホテイアオイが枯れる?!

 実際にホテイアオイを育ててみると、いくら繁殖力の旺盛な植物とはいえ、枯れてしまうこともよく有ります。原因は主に日光不足やアブラムシなどの 害虫によるものが多いようです。このようなことが原因の場合は対処方法は簡単で、日光不足であれば設置場所を移動する(日光が大好きな植物なので場合によっては屋内での育成は難しいかも知れません)、 アブラムシなどの害虫などが原因であれば、数日、水中に沈めて害虫や卵を死滅させてしまう、などの駆除方法が可能です。もちろんアブラムシならメダカも喜んで食べてくれます。

ホテイアオイに薬剤散布するという方法もありますが、メダカやエビなどの生体のことを考えるとおすすめできません。そうなるほどに状態が悪くなるようだったら、 状態が悪くなった部分を廃棄して株分けした新たな株から、荒木田土などを使って、再度、健康なホテイアオイを育てる、または新しいホテイアオイを購入してくるほうがいいです。

8.まとめ


20160719235735-85f04326d05d1182ab5c41b3ee2038066608797a.png

 ホテイアオイについて書いてみましたがホテイアオイはメダカと相性はいいのですが、繁殖力が旺盛すぎる為、自然に放すと日本でも大繁殖してしまいます。 自然に放すことなく最期までお世話をするようにしましょう。綺麗な花を咲かせてメダカにピッタリの相棒になってくれますよ(*^^*)

最期にホテイアオイの花言葉には、「恋の悲しみ」や、「揺れる心」などロマンチックなものがあります。大きくて繁殖力が旺盛、大振りな花だけみると、ちょっと意外ですが、 そういった花言葉があると思って観賞すると違った見方ができるかもしれませんね。


スポンサード

-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-


関連コンテンツ


大分めだか日和その他のページヘ

大分めだか日和販売ページへ

メダカのコンテンツへ

トップページへ戻る