エアーポンプから「エアーストーンを使って」エアレーションする理由ページ メダカに関する情報をどんどん配信!初心者向けコンテンツから玄人必見のコンテンツまで盛り沢山で更新中。知識欲を満たそう!

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

エアーポンプから「エアーストーンを使って」エアレーションする理由


 通常、メダカや金魚、熱帯魚など観賞魚の水槽のエアレーションといって真っ先に思い浮かぶのはエアーポンプからチューブをエアーストーンにつないでのエアレーションではないでしょうか。 エアーポンプから空気が送られているのだから、別にエアーストーンなんか必要ないんじゃない?とは思いませんか?それではエアーストーンの効果とメダカ飼育においてエアストーンを使用したほうがいいのか? ということなどを考えてみましょう。


大分めだか日和販売ページへ

エアーポンプから「エアーストーンを使って」エアレーションする理由のコンテンツ



スポンサード

1.水槽のブクブク、エアレーションについて

   金魚やメダカなど日本淡水魚を飼育している場合、特に目にすることが多いのがエアストーンでのエアレーション、通称、水槽のブクブクですが、あのブクブクの はもちろん、水中に魚達の呼吸に必要な空気(酸素)を送りこむという目的で使われていることがほとんどだと思います。

実は、そういった、水中に酸素を供給するという理由だけなら 水流で水面を揺らして、水面と水中が循環するようにしておけばある程度水槽内に酸素は溶け込んでくれます。 (実は別に水面を揺らさなくても酸素は溶け込んでいってるんですが・・・それでは酸素の供給量は少ないので魚の数や大きさによっては酸欠になります) だからといって、エアストーンを使ってエアレーションしても意味がないかといえばそういう訳でないんです。

エアーストーンを使うメリット

   それではエアストーンを使うメリットについて書いていきます。 まずは、なんといっても酸素の供給です。その酸素の供給という点でも誤解されている方が、多いと思われますので説明してみますが、 本来エアーポンプからエアーストーンを介して水中に泡が放出されている為、直接、水中に酸素が溶け込むんだと思っている方が多いでしょう。

実は、水中に放出される空気の泡から取り込まれる酸素の量はあまり大したものではありません。(もちろん泡からも酸素が溶け込んでいますが) 実際に大量に酸素が取り込まれることになるのは、エアーストーンからでる泡が水中に水流を作り、水面を波立たせてかき回すことにより水面から溶け込むほうが 多くなります。実際は、酸素を溶け込ませるために水面を動かす水流を作る役割のほうが大きいということですね。

水流を作ることにより、酸素を水槽内にいきわたらせるとともにヒーターにより温まった水を循環させたり、 水質を保つための濾過バクテリア、硝化バクテリア(酸素が多いところを好む好気性のバクテリア)に良い影響を与えます。 結果として水質も安定させてくれるという訳ですね。

エアーストーンから出る泡は水面で弾けるため、水が蒸発しやすくなります。水が蒸発しやすくなることにより、真夏の水温上昇を緩やかにする効果もあるとされています。 (水を蒸発させやすいというのはメリットとは言い難いですが・・・)

また、泡が水面を動かすことにより水面に油膜ができるのを防ぐ効果もあります。水面に油膜ができると水面から酸素が溶け込みにくくなる為、確かにその効果は大きいと思います。

エアーストーンを使うデメリット

 それではエアーストーンを使用する時のデメリットについても考えてみましょう。まず、私が一番嫌いなデメリットは、エアーポンプを使用しないといけないと いうことです。最近の商品では稼働音の静けさを売りにしているエアーポンプもありますが、静かな部屋だと(私は)どうしてもあのエアーポンプの稼働音が気になります。 エアーストーンを使うということは当然、エアーポンプの使用は避けられません。

 また、泡が水面ではじめるときもやはり音がします。細かい泡なら音も小さいと思いますが、水面を揺らす、水流を作る、水中をかき混ぜるといった効果を狙うと それなりに泡の大きなものにしたいですし、そうなると泡が弾ける音も大きくなります。悩みどころですね。

 泡が弾けて飛び散る水はねもデメリットではないでしょうか。先ほど水が蒸発しやすくなるといったこともデメリットともいえますし、何より、水が跳ねるといったことで 水槽の周り、水槽の壁面に水がとんで汚れたりといったデメリットもあります。

エアーストーンから放出された泡がもたらすデメリットといえば、メダカにしろ、金魚にしろ、熱帯魚にしろ気をつけておいたほうがいいデメリットもあります。

メダカや金魚などのことで詳しい方はしっていると思いますが、泡が弾けるとき、メダカや金魚などの赤ちゃん、(針子や小さな稚魚)にダメージを与える可能正が あります。

小さな体に泡が弾ける衝撃が与えられれば、死ななくてもその後の成長に影響がでたり奇形に育つ可能性はあります。稚魚がいる時は特に大きな泡がでるエアーストーンは 避けるべきでしょう。

▼エアーストーンでお気軽にメダカ飼育をしてみては?(^^)/
クリックして▶メダカの販売ページを見てみる

20160705115317-1505648ddda89dda732574e5183689f4ce657b9c.jpg


スポンサード

メダカの飼育にエアーストーンは必要なの?

 さて、上記のエアストーンによるエアレーションのメリット、デメリットを踏まえたうえで、 メダカの飼育に(もちろんメダカに限りませんが)エアストーンが必要か?と聞かれると特に必要ないともいえます。

なぜかというと、上記で挙げたようなエアストーンを使用することによる水流などのメリットは、他の濾過フィルターをしても多少は水流を作ることができる為、 エアストーンが特別必要ということにはなりません。むしろ、私ならエアーストーンを使用する必要があるぐらいなら、どうせなら、エアレーションもできて、 水流も作れて、濾過もできる下記に載せているような投げ込み式フィルターなどにつないだ方がよいと思います。したがって全然必須ではないんです。

じゃあ、エアストーンは必要ないのか?というと補助的な役割としては大変活躍してくれる場があると思います。 例えば、ほかの濾過フィルターで水中に酸素も供給されている場合も、魚の過密飼育気味な場合や、大型魚の場合はやはり酸欠が怖いですし、酸素を追加するという 意味ではとても心強いです。単純に水面を揺らして油膜を防ぐために一応エアストーンからもエアレーションをしておくのもいいでしょう。

ろ過フィルターなど一切使ってなく水に動きもほどんどない屋内水槽などでは、本当に最低限という意味ではエアストーンからのエアレーションも有効です。もちろん、 水替え時に、魚を移動させた際にバケツの中の魚が酸欠にならないように一時的なエアレーションに使うのもいいでしょう。

仮にエアーストーンを付けずにエアーポンプから直接チューブを引きエアレーションしても、エアレーションという効果はありますが、大きな泡は魚にストレスを 与え、弾ける音もうるさく、むやみに強すぎる水流を作ることもあります。そういった意味ではエアーストーンを装着、使用したほうがいいのは明白です。

メダカのエアレーションについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。めだかにエアレーションは必要?


まとめ

 長々と書いてきましたが、極論をいうとあえてエアーストーンを利用する必要はないと言えます。酸素供給や、水流をおこすための補助という意味で使用するのを 目的としたほうがいいのではないでしょうか。実のところ、私はエアーストーンを使う時にどうしても使うことになるエアーポンプの音や泡が弾ける音が嫌いなので室内では ほとんどエアーストーンを使うことはなく、酸素供給や水流は濾過フィルターからでる排水と吸水を利用するようにしています。

エアーポンプとエアーストーンの組み合わせで必ずエアレーションする必要があると思っていたアクアリウム初心者さんの参考にしていただければ嬉しいです(^^♪ エアストーンからでるの泡自体に癒される方も多いと思いますのでオブジェのような意味で下記のようなエアストーンでエアーのカーテンを作ってみるというのも いいかもしれませんね(^^



スポンサード

-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-


関連コンテンツ




大分めだか日和その他のページヘ

大分めだか日和販売ページへ

メダカのコンテンツへ
トップページへ戻る