白メダカってどんなメダカ?飼い方~白メダカは弱い・死にやすいの説~ページ メダカに関する情報をどんどん配信!初心者向けコンテンツから玄人必見のコンテンツまで盛り沢山で更新中。知識欲を満たそう!

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

白メダカってどんなメダカ?飼い方~白メダカは弱い・死にやすいの説~


20160510114131-484dc90689c9b77b8574828aca9575cefbc457cc.jpg

 メダカを飼育する時初心者でも知っているメダカといえば、黒メダカ、青メダカ、ヒメダカ、白メダカなどでしょうか?わりとインターネットで検索している人も多いことから 飼育している人も多いようです。それでは白メダカはどんなメダカなのか?よくネットで出回っている情報のとおり弱くて死にやすいメダカなのか?初心者向けの記事になりますが解説していきたいと思います。


大分めだか日和販売ページへ

白メダカってどんなメダカ?のコンテンツ



スポンサード

1.白メダカの生態と特徴

20160510114225-95dd5d2b03d716ba7b1d2b73a87e1d79f3b2f2f9.jpg

 さて、白メダカというメダカはどういうメダカなのでしょうか?生態から説明していきます。 これはもちろん言うまでもないですが、日本メダカの突然変異を元に作出された改良品種で、黒色素胞(メラノフォア)がなく黄色素胞(キサントフォア)も発達していない白いメダカです。 昨今の色とりどりな改良日本メダカと違い、野生のメダカやヒメダカの姿を色以外そのままに残したシンプルなメダカです。

生態といっても特に他の一般的な体型をした野生のメダカや 楊貴妃メダカなどの改良品種とも飼育方法に違いはありません。ヒメダカやアオメダカなどと同様に白メダカの歴史は古く、 江戸時代から観賞魚として親しまれてきました。楊貴妃メダカやミユキメダカから始まった近年のメダカブームより遥か昔から先人達が作出し楽しんでいたメダカといえます。 現在では白メダカからさらに改良された白透明鱗メダカなども存在しています。

2.白メダカの飼育~繁殖について

 白メダカの飼育法についてですがやはりこれも一般的なメダカの飼育方法で構いません。大分めだか日和でも他の品種のメダカと特に意識せずに飼育・繁殖していますが これといって違いがあるようには思いません。古くから存在しているメダカということもあり、他の改良品種に比べても一般的なペッショショップやホームセンターでも入手しやすく、 価格も安価ですのでむしろ初心者の入門種としてお薦めでもあります。飼育できる条件は弱酸性~弱アルカリ性まで、水温も一桁~約30℃前後までと幅広い水質・水温に対応できます。 水温や水質・繁殖に関しては詳しくは下記の記事をご参考にしてください。

3.白メダカは体が弱い、死にやすいという説

 さて、ここからが本題のようにもなりますがよく出回っている情報のとおり、白メダカは本当に他のメダカに比べて死にやすいのでしょうか? 正直な意見として私見では他のメダカと比較しても特に白メダカが弱い、死にやすいとも感じていません。これは飼育環境や入手したメダカの経路、血統など様々な要因が関係していると思います。 では死にやすいと感じている人は、なぜ、そのように感じているのか要因を考えてみます。

  考えられる要因の1つに黒色色素が無い為、日光に弱いという要因が考えられます。本来、野生のメダカに備わっている黒色色素が存在しないというのは、人間の場合でもそうですが やはり強い日光には弱いと考えられます。 次の要因は、白メダカは歴史が古く、安価で大量に出回っている為、ショップでの管理状態が良くなく購入時に不健康な状態であるという可能性もあります。 やはりホームセンターなど専門ショップではないところで入手する場合、白メダカの個体の状態も良くない場合も多いでしょう。

 思い当たる大きな要因といえばこの2つぐらいでしょうか?ただ、この2つの要因も日光に弱いという点に関しても、他のメダカに比べてやや日陰で飼育することや 置き場所を工夫すること、または浮草などの水草を入れることでで解決できますし、購入時の健康状態に関しても購入するショップをちゃんと選んだりするだけでも 不健康な個体を入手するリスクを減らすことはできます。単純に、日光に弱いという意味では白メダカよりむしろアルビノメダカの方が日光に弱いのではないでしょうか。

私の意見としてはそれよりも屋外で繁殖させ、屋外で育ったメダカは屋外で飼育しやすく、屋内で育ったメダカは屋内の方が飼育しやすいということを初心者様には意識してもらった 方が良いと思います。もちろんこれは屋外で産まれたから屋外でしか飼育できないという問題でもなく、水合わせなどをしっかりと行い環境に適応・順応させる必要がありますよという意味です。

 したがって、普通に他のメダカを飼育できているよという方は白メダカの飼育は特に難しいとは思いませんのであまり心配する必要もないように思えます。ちなみに、野生で白メダカやカラーメダカが 生き残るのが難しいのは単純に他のメダカに比べて色が目立つから外敵からの標的になりやすいといった理由もあるようです。



楽天市場をご利用ならお得に買い物ができる!


3.まとめ

 今回は初心者向けの内容ですが白メダカの飼育にいてはあまり意識せず通常の飼育方法で楽しんでみてください。なんか調子悪いな?という時は、今回説明した、日光に弱いかも?健康状態が良くないかも? といった点を思い出して見てください。実際は、価格もお手頃で初心者向けのメダカだったりもします。この記事が何かのお役にたてていただければ幸いです(^^)


スポンサード

-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-


関連コンテンツ




大分めだか日和その他のページヘ

大分めだか日和販売ページへ

メダカのコンテンツへ
トップページへ戻る