ミナミヌマエビの繁殖・産卵の方法|初心者も簡単にできる繁殖の手順ページ メダカに関する情報をどんどん配信!初心者向けコンテンツから玄人必見のコンテンツまで盛り沢山で更新中。知識欲を満たそう!

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

ミナミヌマエビの繁殖・産卵の方法|初心者も簡単にできる繁殖の手順

20151009172234-c09a3543b51413ee73cbe313a415593bee553606.jpg

 ミナミヌマエビメダカの飼育に限らず、ヤマトヌマエビと並ぶ観賞魚水槽の大定番ですよね。なんといっても人気の秘密は その飼いやすさ、繁殖のしやすさなどが気軽に楽しめるからではないでしょうか。それでは可愛いミナミヌマエビの繁殖方法について説明していきます(^^)これを 読めばきっと産卵~繁殖に成功できますよ。

Lサイズ 10匹セット
2cm前後

大分めだか日和販売ページへ

ミナミヌマエビの繁殖・産卵の方法のコンテンツ


-スポンサードリンク-

-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-

1.ミナミヌマエビの一生

20151015160903-e4570ac3151510114c7e61f981b2edfdd283a905.jpg

 ミナミヌマエビの繁殖を狙うならまずはその一生を知っておきましょう。当店でも販売しているミナミヌマエビは日本や朝鮮半島、中国等に生息する 体調わずか3~4センチのヌマエビ(陸封型ヌマエビ)で流れの緩やかな川や池などの 水草が繁茂するような場所で生活しています。その寿命は野生では約1年と言われています。(人工飼育なら1~2年でしょうか)  なんでも食べるような雑食性ですがおとなしい性格なのでメダカとの混泳はもちろん、その環境下での繁殖も可能です。ヤマトヌマエビほどの 大きさもない為、水草の食害も生体への食害もほとんど心配のない愛すべきヌマエビです。その姿は原産地や生息地により個体差があり 基本は暗い青系ですが緑系だったり、赤系だったり、白系だったり色々です。

 さてミナミヌマエビの一生のサイクルですが春~夏に産まれ、越冬し、次の春~夏に交配・産卵し稚エビを産み秋にかけて一生を 終えていくというライフサイクルで一生を過ごします。

  こういった流れは(メダカの場合もそうですが)自然のサイクルであり、ヒーターなどを使って保温し、餌を与えるといった環境では もちろん違ってくれるので気をつけてください。ミナミヌマエビは短命なので成体を購入した場合を思いのほか早く死んでしまう ことがあるかも知れません。ただ、こういった場合は飼育していたミナミヌマエビの寿命だっただけで飼育環境には問題なかったのかも知れません。 短命であるがゆえ、閉じられた飼育環境での生態系で命を繋ぐには定期的にミナミヌマエビの繁殖を成功させる必要があるのです。 ですが、そんなに難しいものではないので安心してください(^^)ミナミヌマエビの飼育方法などはこちらも参考にしてください▶ヤマト・ミナミヌマエビの飼育方法。メダカ水槽の掃除屋さん

2.ミナミヌマエビを産卵・抱卵させよう

 それではミナミヌマエビの繁殖について説明していきます。まずは産卵からですが、抱卵させようとタイトルにありますが、 ミナミヌマエビの場合、適温で飼育していれば 勝手に抱卵してくれると思います。(詳しくは後半で)ミナミヌマエビの卵は 黒い粒で抱卵した場合はお腹の下で黒い粒の卵をたくさんつけて、お腹の下で動かしているので観察していれば すぐに確認できるはずです。とても簡単ですよね(^^)

3.オスとメスはいますか?

 ペアや数匹で飼育しているんだけど全然抱卵しない!というあなた・・・ちゃんとオス・メスは入っていますか? ミナミヌマエビの体は小さいのでわかりにくいのですが、ミナミヌマエビの尻尾の裏のひだが長い方がメスで、短いと方がオスです。 それと個体差もあるとは思いますが一般的にはオス(約2cm程度)よりもメス(約3cm程度)のほうがサイズが大きいとされています。じっくり観察してみてくださいね。 せっかく繁殖できる状態のミナミヌマエビが入っていてもオスとメスが入っていないことには何も始まりません。

4.ミナミヌマエビの繁殖の季節・繁殖の水温は?

20151009173546-3dd0d3f4526febbd3dba857e16ed29815481b2b1.jpg

 自然でのミナミヌマエビの繁殖のシーズンは8月や5月6月など色々な情報がありますが、要はミナミヌマエビが繁殖するのは水温が20℃前後で安定するような 季節(春から秋)ということのようです。地域や生息環境により変わってくるということですね。したがって人工的な繁殖を狙う場合は水温を この20℃前後に安定させるようにしましょう。屋内での飼育の場合は室温が安定しやすい為、放っておいても勝手に産卵しやすいです。 逆に真夏などは置き場所によっては水温上昇に耐え切れず死んでしまう場合もあります。

5.ミナミヌマエビの交配

 成熟したミナミヌマエビはメスの背中に白い筋模様が入り、産卵する状態に変わる為、脱皮します。その際、脱皮したメスのエビからは フェロモンがでると言われオスはそのフェロモンに誘われてよってきて交尾をします。(交尾を終えたメスはフェロモンは出さなくなるようです。)

 産卵が始まると2時間から3時間の時間を使い1つ1つ(約38-130個ほど)を抱卵していきます。エビの卵はお母さんエビがお腹に抱え孵化するまで ずっとお腹にあります。よく観察しているとお母さんエビがお腹に抱卵している卵に新鮮な水を送っている姿がわかります。

 卵は孵化するまでお母さんエビのお腹の中で成長を続けることになります。色々なところでみかける情報ですが抱卵には 月の満ち欠けが関係していると言われています。

6.ミナミヌマエビの抱卵の期間・孵化について

 抱卵したお母さんエビのお腹の卵の中で順調に成長している稚エビは順調に成長していくと卵の色が透明になってきて 幼生の目がみえるようになってきます。孵化が近づいてきましたね。 抱卵してから、孵化するまでの期間は約2週間から4週間と言われています。 その間に抱卵していた卵を落とす場合がありますがその時は有精卵ではなかったか、水質の急変によりお母さんエビが脱皮をしてしまった ということが考えられます。そのタイミングでの水換えは特に気を使うようにしましょう。 メダカの時もそうでしたが水温が低めの場合よりも高めの時の方が産まれてくるまでの期間が短くなり早く産まれてきます。


-スポンサードリンク-

-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-

7.稚エビの誕生

 ヤマトヌマエビなどと違い、稚エビは海水を必要とせず淡水だけで成長できる為、いつの間にかお母さんエビのお腹から卵がなくなり、それから1日から2日後には水槽の中で泳いでいる姿を確認できます。 なかなか見つけづらいですが数はそれなりに孵化しているはずなのでよく見るとウィローモスや細かい水草の陰など色々なところに いるはずです。産まれてからは水中のプランクトンや水槽や水草に生えたコケ、メダカの餌の残り、生物の死骸、デトリタスなど何でも食べて勝手に成長してくれます。

 ここまでの流れでほとんど稚エビに関してのお話は終わりなのですが問題はここからです。せっかく誕生した、ミナミヌマエビの 稚エビもメダカや金魚など、観賞魚と一緒の場合はよほど隠れるところが多かったり、魚にたいしてエビの数が多かったりしないかぎりは ほとんど大きくなる前にメダカや観賞魚に食べられてしまうことになります。(もちろん活き餌としては最高ですが)ミナミヌマエビを 本気で増やしたい場合はまず、魚類がいる環境で孵化させないことです。産まれた瞬間から恰好の活き餌となってしまいます。 なお、産卵を1回~数回繰り返したお母さんエビもそこで生命を終えてしまいます。

8.ミナミヌマエビの繁殖を狙った環境作り

 やっとここからが本題になるのですが、これが確実にミナミヌマエビを繁殖させる為の手順とルールです。

  • ミナミヌマエビはメダカなどの魚類とは混泳しない
    (稚エビを食べさせない為)
  • ウィローモスやアナカリスなどで水草の茂みをたくさんつくる
    (稚エビの隠れ家となり自力で生き残れる環境をつくる)
  • 成熟したミナミヌマエビを20匹以上入れ、適度に光をあてコケがなくならないようにする
    (コケが全く無いような環境なら毎日ごく少量の餌を与える)
  • ある程度成長するまではろ過フィルターなども必要なし
    (稚エビが吸い込まれてしまう可能性が高い)使用する場合は網目の小さい     スポンジフィルターを使用する
  • 季節を問わず繁殖させたい場合は水温を一定に設定
    (ミナミヌマエビの繁殖に最適な水温の約20℃~24℃に設定)
  • 春先に購入した若いミナミヌマエビならたっぷり繁殖ができる
    (屋内産まれの個体ならこの限りではありませんが)

繁殖までの過程で必要な道具

 屋内での繁殖と屋外での繁殖で別々に書いて置きます。まずは屋内での繁殖を狙う場合から

  • なるべく大きな飼育容器
    (小さいほど水質の悪化が早くなるため)
  • 底床:大磯やソイル等
    (バクテリアや底床の成分により水質を安定させるため)
  • 水草:ウィローモスやアナカリス
    (水質の安定とエビの隠れ家のための丈夫な水草)
  • フィルター:稚エビが吸い込まれないような
    (水質の安定)
  • エアポンプ
    (酸素の提供に水の循環)
  • 照明:日光や室内灯だけではたりない場合
    (稚エビの成長とコケの発生)


楽天市場をご利用ならお得に買い物ができる!


 屋外での繁殖を狙う場合

  • 発泡スチロール:保温性の確保
    (適度に浅くて大きい方がよい)
  • 底床:大磯やソイル等
    (バクテリアや底床の成分により水質を安定させるため)
  • 水草:ウィローモスやアナカリス
    (水質の安定とエビの隠れ家のための丈夫な水草)
  • 必要な場合はエアポンプ
    (酸素の提供に水の循環)

▼稚エビとは混泳できませんが、ミナミヌマエビがいっぱい繁殖できたら是非、混泳してみてくださいね(^^♪
クリックして▶メダカの販売ページを見てみる

20160706030447-4422d49874327e842bff760bcd83fa92ec41d51c.jpg
20160706030626-df2bddfe27b1f7bf6baa7d5d7cfc7253721af26b.jpg
20160706032645-7b81e13f0e30ff9e08a70338dac522e6e2e31078.jpg

10.ミナミヌマエビが抱卵しない・繁殖しない理由は?

 それでは逆にミナミヌマエビが抱卵・繁殖しない理由を考えてみることにしましょう。もちろん、ミナミヌマエビが繁殖する条件の逆ということになりますね。 例えば抱卵しない理由は、水温が低い、餌が十分に足りていない、オスまたはメスがいない、飼育容器の中にミナミヌマエビの数が少ない(60センチ水槽に2~3匹しかいないとか) ミナミヌマエビの個体が老個体であることなどが考えられます。

 抱卵はしているのになぜか繁殖はしないという場合の原因で考えられるのは、脱皮をしてしまい卵がとれてしまっている、稚エビは生まれているのに即、魚に食べられてしまっている、 ありがちなのは、濾過フィルターの吸水口から吸い込まれてしまっているなどです。どれも解決策は簡単だと思いますのでどれかに思い当たらないか考えてみてくださいね。

11.ミナミヌマエビの繁殖のまとめ

 いかがでしたか?もちろん、今回記載した飼育・繁殖方法が絶対ではありませんが、万全に万全を期した書き方をしました。 状況・環境により変わってくることもあると思います。 実際は、屋外でミナミヌマエビを出来上がった飼育水と一緒に発泡スチロールに入れてを放置しているだけで 勝手に繁殖して成長していることもあるぐらいなのでとても産卵・繁殖は簡単なんです。

なお、上の写真のようなチェリーシュリンプやルリーシュリンプなどの種類も 同様の方法で繁殖することができます。 エビの繁殖に挑戦したい方にはミナミヌマエビほど、安価でお手軽なものは無いと思います。ぜひチャレンジしてみませんか? よろしければこちらからご購入してくださったら嬉しいです(笑)▶ ミナミヌマエビの販売 


-スポンサードリンク-


-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-



大分めだか日和その他のページヘ

大分めだか日和販売ページへ

メダカのコンテンツへ

関連コンテンツ

大分めだか日和SNS

トップページへ戻る