金魚やメダカのベアタンク飼育は簡単?大変?ページ メダカに関する情報をどんどん配信!初心者向けコンテンツから玄人必見のコンテンツまで盛り沢山で更新中。知識欲を満たそう!

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

金魚やメダカのベアタンク飼育は簡単?大変?


20150928035003-ec08c03d933c1f9214b06cbc492eab394aa19723.jpg

 まずは"ベアタンク"って知ってますか?魚や水棲生物の飼育でよく用いられる用語ですが、簡単にいうと金魚やメダカなどの生体以外は底床なし砂利なし、砂なしで育成できる水草や飼育水しか入っていない、底床のない水槽です。 何にも入っていないならメンテナンスが楽で良さそうと思うかも知れませんが単純にそういう訳でもありません。ちょっとお勉強してみましょう(^^)


大分めだか日和販売ページへ

金魚やメダカのベアタンク飼育は簡単?大変?のコンテンツ



スポンサード

1.余計なものがないからベアタンクはメンテナンスが楽?

20150928035115-92a76a00fc758c30c88a1ae1b6a021c315e0a927.jpg

 先ほどお話したように、ベアタンクはメンテナンスが楽でいいんじゃない?と思うかもしれませんが、実はメンテナンスは面倒だったりするのです。まずはメリットから言えば、底に何もひいてない為、 水底に沈殿する、糞やゴミ、餌の食べ残しなどが目視でも良く分かるということです。水槽全体が丸見えになる為、魚を鑑賞するという意味ではとても見やすく、ポンプなどでゴミを簡単に吸引して 掃除することができます。お掃除大好きな人にはとても嬉しい環境ですね(^^)ですが、そうでない人からしてみると・・・次に続きます。



楽天市場をご利用ならお得に買い物ができる!


ベアタンクは水質悪化の速度が早いし病気になりやすい?

 今度はデメリットです。この項目の見出しのとおり、水質の悪化がとても早いです。何も入ってないのになんで?と思う方もいるかもしれませんが、それはバクテリアの存在が大きく関係してきます。 実はメダカや金魚、その他水棲生物全般にいえますが底床というのはとても大きな役割をはたしています。もちろん観賞用に金魚やメダカを飼育しているわけなので雰囲気作りは当然ですが本当の意味といっていいのは ろ過バクテリアを棲み着かせるという意味です。フィルターを使用している人はフィルターでゴミを濾しとっているだけと思うかもしれませんが実はろ過フィルターと言うのは水質を綺麗に保つろ過バクテリアの 棲家でもあります。掃除の時によく3分の1ずつ水を交換するなどと言われるのは、水質の急変によるPHショックなどを防ぐだけでなく発生したろ過バクテリアを殺してしまわないようにするためです。

このろ過フィルターと同じような役目を底床もはたしているんです。底床には多くの濾過バクテリアが住みつく事ができるため、結果として水質維持に大きな役割をはたしてくれます。 (ビー玉などは観賞用なので底床としての効果はありません)ベアタンクで飼育するということは当然、濾過バクテリアが棲みつく数が違うということで、飼育水の水質悪化の速度は早くなり、飼育しているメダカや金魚などの観賞魚は病気にかかりやすくなって しまいます。これを防ごうと思えば、高性能なフィルターを使ったり、こまめにゴミを吸い取ったり、水換えを頻繁にしたりという手間がかかってきます。光を遮るものもほとんど無いため、茶ゴケなどが繁殖するスピードも早いです。 ここは、より、飼育者の努力が必要というところでしょうか。



スポンサード

水槽自体の掃除のしやすさは抜群!

20150928035314-d534161f6ce428c831dd62c57ea2a513ffecf0ba.jpg

 最初にもいいましたが、掃除を頻繁にしてもいいという方にとって水槽内部がよく見えますのでとてもおすすめです。ただ、水草を植え、底床を敷いてバランスがとれている水草水槽などと比べると、同じろ過器を使用するなら水換えの頻度は段違いに多くなることでしょう。ろ過器のパワーアップが必須ですね。 メダカではなく大型魚の場合などはベアタンクでの飼育もよく見かけますが、それは大型魚のおこす水流により底床が舞い上がるのを避けたり、ある程度強力なろ過フィルターを使用していたり、頻繁に水換えをするという前提が あるからこそのベアタンク飼育だと思います。金魚とメダカならどっちがベアタンク飼育が容易?と聞かれるとやはり同じような数で飼育するなら大食漢の金魚よりはメダカのほうが容易といえます。とは言え、糞の量が多く水を汚すのが早いのも 金魚ですのでベアタンクで定期的にきっちり掃除するほうが金魚にはよいという意見ももちろん正論だと思います。自分は掃除が苦じゃない、水草やレイアウトよりも魚のみを観賞できればいい、 いつも完璧に清潔な状態を保ちたいという場合はベアタンク飼育はおすすめです。



スポンサード

たくさん品種を魚を飼育する場合ベアタンクは管理しやすい?

 メダカの飼育なら特にたくさんの品種をコレクションしたい、たくさんのメダカを繁殖させたいという目的の場合はベアタンクのほうがオススメの場合もあります。 たくさんのメダカをコレクションしたいとなるとどうしても1つ1つの飼育容器の掃除が大変になってきます。

一度にたくさんの飼育容器の掃除をする場合も多いでしょう。そうなってくると断然ベアタンクでの飼育が有利になってきます。たくさんの飼育容器があれば、それぞれの底床やアクセサリーの掃除が必要になります。 ですがベアタンクであれば、ほとんどの飼育容器の環境は同じなので効率よく掃除することができます。

熱帯魚販売店にしろ、メダカ屋さん、金魚屋さんにしろ、アクアリウムショップで生体をメインで販売しようとするとたくさんの品種を取り扱うことになりる場合は どうしても効率とメンテナンス性が重要になるのでベアタンク飼育が増えてくると思います。皆さんもアクアリウムショップでは、ほとんどがベアタンクなのは見たことがあると思います。 やはり効率を追求すると、綺麗な水を維持しやすい高性能濾過フィルター(または簡単に掃除ができるな投げ込み式フィルター)+ベアタンクという組み合わせが定番になるということでしょう。

また、同じように並べたベアタンクならば飼育環境もほとんど同じになるので最適なベアタンクで飼育環境ができた場合、その飼育環境を再現しやすいです。などなどベアタンクならではのメリットもたくさんあります。

まとめ

 ベアタンクでのメダカ飼育というのはどんなものかわかっていただけましたでしょうか?メダカは飼育が容易な魚でもありますので、実はわりとベアタンク飼育でも楽に飼育できることもあります。 でもそれは特に屋外飼育の話で、やはり屋内でグリーンウォーターなどではなく美しい水を保とうとすればそれなりの掃除回数・水換え回数などのメンテナンス、 ワンランク上の濾過器も必要になってきます。水草を底床に植えることができないので殺風景になりがちと思われますが、こういった問題は流木や石にウィローモスやアヌビアスなどを巻きつけて繁茂させたりすれば解決できる問題でもあります。メダカ飼育の初心者様・ 飼育方法を迷っている場合、この記事が参考になれば幸いです。


スポンサード

-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-


関連コンテンツ




大分めだか日和その他のページヘ

大分めだか日和販売ページへ

メダカのコンテンツへ
トップページへ戻る