メダカが大きくならない!?なかなか成長しない?成長速度が遅い理由!ページ メダカに関する情報をどんどん配信!初心者向けコンテンツから玄人必見のコンテンツまで盛り沢山で更新中。知識欲を満たそう!

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

メダカが大きくならない!?なかなか成長しない?成長速度が遅い理由!


20150613011220-528a4666114d5ff28d9db90d7e119e2ab5594662.jpg

大分めだか日和販売ページへ

メダカが大きくならない!?なかなか成長しない?のコンテンツ



スポンサード

1.メダカが成長してくれないのはなぜ?

 産まれてから何ヶ月もたつ赤ちゃんメダカが大きくならない!同じ季節に産まれた他のメダカは大きくなったのになぜか大きくならないメダカがいる。そんなことありませんか? それは飼育環境と餌の与え方などによる原因がほとんどでメダカの成長を遅らせたり、妨げたりしています。いろいろな原因をあげていきます。 



楽天市場をご利用ならお得に買い物ができる!


2.メダカが成長しない・成長速度が遅い理由

 まずは餌が考えられます。餌を与える量は足りていますか?栄養価の高い餌を与えることができていますか?小さな稚魚に大きな餌を与えてももちろん食べることはできません。 沈下性の餌ですぐ沈んでしまうような餌でもメダカはほとんど水面近くを泳いでいて浮いている餌を食べる傾向にあるため、どんどん沈んでいくような餌はなかなか食べるようなことはできません。 餌を与えるときにちゃんと食べることができているかじっくり観察してみましょう。食べられずに沈んでしまっているような餌もどんどんそこにたまって、水質悪化の原因になるため餌を 与える量はきちんと考えて与えましょう。また、餌が原因で成長できないのでは?と感じた時は活き餌のゾウリムシミジンコなどを考えてみても良いかもしれません。みたことのないような 活き餌でも喜んで食べてくれます。もちろん、栄養価もたっぷりです。

  市販の餌でも大丈夫ですがメダカといえど好き嫌いもあり、喰い良い餌から悪い餌までいろいろあります。メダカ飼育になれてきたなと思う方はよりよい餌を追求してみるのもいいかもしれませんね(^^)/ もちろん当店で販売している大分めだか日和の餌もオススメです笑 

 次に日光(室内だと蛍光灯やLEDなどの照明)を考えてみましょう。日当たりの良いところで飼育しているメダカと 日照時間が少ない、または日当たりがよくない場所で飼育している場合は成長速度にも最大の大きさにも明らかに差がみられます。メダカは日光浴が大好きでもちろん理由もなくすきなわけでもなく 日光を浴びることによりビタミン類をつくりだすなど重要な役割があります。日光の照射がたりない場合は病気にかかりやすかったり、弱い個体に育つ場合が多いので飼育容器の設置場所には十分に注意してください。

 飼育容器の大きさも成長を促す重要な要素です。赤ちゃん(稚魚や針子)の小さな状態では小さな容器でもよいですがより成長をはやく大きく育てようと思えば早めに大きな容器に余裕をもった匹数で飼育 することが大事です。野生の魚でも小さなため池の魚より、大きな琵琶湖などの魚の方が大きく成長するように観賞魚の成長にも飼育容器の大きさは多大な影響を与えます。稚魚以上の大きさになっているにも 関わらずまだ小さな水槽で飼育しているようではそのまま成長が止まってしまう場合もあります。ある程度の大きさにしたい場合は飼育容器の大きさに余裕をもって大きな水槽・飼育容器・水鉢で飼育しましょう。 (小さな水槽で大きく育っている金魚などを見ることもありますので、小さな水槽でもなるべくストレスを与えずに餌をたくさん食べさせることができるような環境ができるのならば 大きく育てることは可能だとは思いますが、一般的に小さな飼育容器ではそのような快適な環境を長期にわたり維持するのは難しいと思います)

  水温があまり低いと(メダカの活性が低下しているので)餌を食べるという行為自体が減ってしまいます。秋に産まれたメダカなどは越冬させるサイズにするため、特に早く成長させる必要があるので冬眠に入る水温になる前に十分に餌を与え成長させましょう。(すでに水温が低下してきているようなら 餌の与え過ぎはよくないです。底に餌の食べ残しが残っているようなら餌を与えすぎています) 冬までに十分な大きさになれなかったメダカは冬眠期間に死んでしまう場合が多いので、大事なメダカ(命に優劣をつけるのはよくないですが)はヒーターなどで保温してください。

▼当店のメダカは下記の餌を使用しています。どれも好評ですのでよろしければどうぞ(^^


20160706100340-bc32dcccce883c9ad5b47c16eb34e82687bbc2dd.jpg
100g
通常の量です。
500g
かなり多めです。
1kg
メダカ屋さんやかなり大量に飼育されている方用

20160719022928-f9910e9d5cf7d21c5ecaf5d8c462e769276c9e19.png
20160422033449-439ef1ce27e8b9a5940bd63395222f4271946926.jpg
濃縮生クロレラ1本
180cc
グリーンウォーター約180リットルぶん)

20160719022928-f9910e9d5cf7d21c5ecaf5d8c462e769276c9e19.png
20160706111901-d07abd1811be6879e53bbb80b5b186fd63aa2967.jpg
500mlボトル 2本セット
500ミリリットル

20160719022928-f9910e9d5cf7d21c5ecaf5d8c462e769276c9e19.png
20160714110048-f4345764738e389eedd23a6c1ee113271dd62bb6.jpg
1袋
500匹以上(ダフニア)
1袋
1袋(タマミジンコ)
1袋
1袋(オカメミジンコ)
1袋
500匹以上繁殖剤100g付き

20160719022928-f9910e9d5cf7d21c5ecaf5d8c462e769276c9e19.png

3.メダカの稚魚の成長速度を加速させる方法

 メダカの稚魚の成長速度が遅い、メダカの稚魚が大きくならないといった疑問がとくに多いようなので追記しておきます。メダカの稚魚の成長させる方法はもちろん、通常のメダカを成長させる方法と 変わらないのですが、特に稚魚の場合、成長に違いがでる部分で重要なのが餌です。

 水温と日照時間という点では、メダカを産卵させ孵化させる事ができている時点でほぼクリアできていると思いますが、稚魚の餌という点で失敗している方が多いのではないでしょうか。 メダカの稚魚は、成長の速度も早いため、体のサイズの割には沢山の餌を必要とし、かといって一度に食べ切れる量は限られているので、効率よく育てようとするのであれば、稚魚の時はとくに 1日数回に分けて餌を与えることが有効です。ここができない方が多いのでしょう。

 ほとんどの方が学生なり会社勤めだと思いますのでできないのも無理はありません。そういった時に有効なのがグリーンウォーターやゾウリムシ、ミジンコなどです。これらの餌を与える事により、 メダカの稚魚は餌を食べたいときに食べられるようになるので稚魚時の生存率や成長速度は格段に違ってきますし、当然その後の成長状況にも良い影響がでます。 それらの餌は当店でも販売してますのでぜひご活用ください。(例えば、ゾウリムシを与えている稚魚と与えていない稚魚でも明らかにその後の成長状態が変わると当店でも実感しています)

3.まとめ

 いかがでしたか?執筆しながら思いついたことを書いていきましたが、思い当たる節はありませんでしたか?メダカはある程度の大きさまで行かないと生存率が 安定してくれないので早く成長させることもメダカを強く美しく元気に育てる為の秘訣です。単純なことですがメダカの成長速度は気にしたほうがより長生きさせることができると思いますよ(^^)/


スポンサード

-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-


関連コンテンツ




大分めだか日和その他のページヘ

大分めだか日和販売ページへ

メダカのコンテンツへ
トップページへ戻る