金魚とメダカは全然違う!混泳できるの?ページ メダカに関する情報をどんどん配信!初心者向けコンテンツから玄人必見のコンテンツまで盛り沢山で更新中。知識欲を満たそう!

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

金魚とメダカは全然違う!混泳できるの?

20151118141833-a1c60c645e129b0ad3920a2c7763baf09c2d2c53.jpg

 最近は楊貴妃メダカなどの赤いメダカなど色のついたメダカの登場で金魚とメダカの区別がよくわからない初心者の方も 多いと思います。確かに色揚がりした楊貴妃メダカや金魚の小赤などはとてもにてますがやはり全然違う種類の魚なんです。 今回はそのことについて知っておきましょう。
大分めだか日和販売ページへ

金魚とメダカは全然違う!混泳できるの?



-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-


1.そもそも金魚とは?

ポイント:金魚が小さいうちは混泳も可能!大きさがあまりに違う場合は要注意!


楽天市場をご利用ならお得に買い物ができる!


 まずは金魚の説明ですが金魚という種の魚はフナの突然変異のなかの橙色の個体を交配を繰り返し、観賞用に人の手によって 品種改良を重ねてつくりだされた観賞魚で、もともと野生に金魚という種はいません。フナの改良品種ですね。原産地は中国で 藻や水草を主食としています。日本の金魚の産地では愛知県の弥富市奈良県の大和郡山市江戸川下流域が金魚の三大養殖地として有名で、 ほかにも山形県や熊本県の玉名郡長洲町なども有名な産地です。金魚の歴史は大変ふるく、多くの愛好家が存在して日本中に 金魚の愛好会や保存会が多数存在しています。金魚の色には白色、オレンジ色、金色、赤、黒、茶色などいろいろな品種が作出されていますが 孵化後はしばらくの間、黒い体色をしています。より昔から世界の愛好家に親しまれ、日本でも旧い歴史のある観賞魚ですね。 金魚については大分めだか日和の姉妹サイト、本日も金魚日和をご覧下さい。

2.メダカと金魚の違い

20151118142104-29816244b8388c1c45905373f96ebeaacf5d2f27.jpg

▲この画像は全てメダカです

 似たような体色をしたメダカと金魚でもやはり種類の違う魚なのでその生態もやはりかなりの違いがあります。 簡単にいえば、フナとメダカの違いなのですが、思い浮かぶ明確な違いを上げていきたいと思います。

 まずは体のサイズの違いです。メダカではどんなに大きく成長しても4~5センチぐらいが最大サイズだと思いますが、 金魚の場合は20センチをこえるような品種もいます。これはもとがフナと日本メダカの違いですね。 色の発色も違います。金魚の明るい美しい赤色はメダカでは再現できておらず、また、鱗の違いなどもあるせいか、白色なども まだまだ金魚の方が美しいようです。このあたりはメダカの方がまだまだ歴史が浅い為、どんどん進化していくことでしょう。 次に寿命ですが金魚の寿命は10年を越えるものもいます。 一方メダカの寿命は自然だと一年程度、飼育下だと2~3年くらいでしょうか。 うまく飼育できれば金魚はかなり長生きしてくれます。

 飼育下の水温や環境などですが、品種にもよりますが、熱帯魚などに比べれば金魚もメダカもとても飼いやすく ヒーターなどいらない同じような飼育環境で飼育できます。アジアや日本産まれの魚ならではのメリットですね。

3.金魚とメダカ、飼育が簡単なのはどっち?

 それでは飼育が簡単なのはどちらでしょうか?どちらも簡単に飼育できる種の観賞魚だとは思いますが、 私はメダカの方が丈夫で飼育は簡単だと思います。理由は金魚に較べて体が小さい為、餌の量、酸素の量、水量なども 少なく、小スペースで飼育でき大食いの金魚に比べると水質悪化のスピードも緩やかだからです。メダカでもダルマメダカなどは 飼育に若干の注意点が必要ですが、金魚の品種の場合、らんちゅうなどはとても水質管理が繊細で観賞魚飼育の素人にはなかなか 難しい魚です。(とは言え、金魚飼育になれてしまえば簡単なのですが・・・一般的に金魚の飼育は原型のフナの形から離れた品種の金魚ほど飼育が難しくなると思っておきましょう)



-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-


4.金魚とメダカ、一緒に混泳はできるの?

 似たような日本に馴染みのある観賞魚で飼育できる水温などの環境なども似ているので混泳できるのでは?と思いますが、 やはり別種の魚であり、大きさも全然違うサイズに成長しますので混泳はしないほうがいいといっていいでしょう。 同じくらいのサイズのメダカと金魚なら近いサイズのうちは混泳できるかもしれませんが、体の大きさに差が出てきたらメダカは 食べられてしまうことになります。最初は同じような大きさでも飼育している間に大きさに差がついて金魚に食べられてしまうということも 考えられますね。また、メダカにとっては水質変化がはげしく体のサイズが大きい金魚との混泳は多大なストレスを与えることになるでしょう。 したがって金魚とメダカの混泳はおススメできません。

5.それでも金魚とメダカを混泳させたい!

 上の動画では金魚とメダカと亀を混泳させています。もちろん、それぞれの大きさがある程度近かったり、金魚や亀が興味を示さなければ混泳させることができるということを証明してくれていますね。ただ、亀はもちろん 金魚にもそれぞれ個体ごとの性格もありますので、混泳させてみてしばらくは特にじっくりと様子をみて金魚や亀がメダカを追い回していないか観察する必要があります。また、どちらにしても成長するに従い金魚と亀とメダカの体の 大きさはさらに差がついてきますのでどこかのタイミングで別々の水槽に分ける時がくるでしょう。ですがひょっとしたら、金魚と亀がメダカに興味を示さない場合は大きくなっても混泳できるという面白い光景も見れるかもしれませんね。

6.まとめ

 飼育が簡単そうな金魚とメダカですがやはりこの二種類の観賞魚には大きな違いがあり、 混泳には向いていないと思われます。もし、混泳するのでしたら金魚にメダカが食べられる可能性が高いというのを 承知のうえで試みてください。でもやっぱり別々の飼育が一番ですね(笑)


-スポンサードリンク-


-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-



大分めだか日和その他のページヘ

大分めだか日和販売ページへ

メダカのコンテンツへ

関連コンテンツ

大分めだか日和SNS

トップページへ戻る