メダカの飼育容器は浅くて広いほうがいい?その理由と根拠は?ページ メダカに関する情報をどんどん配信!初心者向けコンテンツから玄人必見のコンテンツまで盛り沢山で更新中。知識欲を満たそう!

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

メダカの飼育容器は浅くて広いほうがいい?その理由と根拠は?

20150613113936-1fafcdb27924ac2fb506dbe9c4a2ac7ab07e8ecf.jpg

メダカの飼育容器は浅くて広い方がいい。そんな話しを聞いたことがありませんか?また一般的にそう認識されがちなのは何故だかしっていますか?そんな疑問についてお答えしてみます。


大分めだか日和販売ページへ

メダカの飼育容器は浅くて広いほうがいい?のコンテンツ


-スポンサードリンク-

-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-

1.メダカの飼育容器は浅くて広いほうがいい?!の真実

 日本のメダカを飼育する場合飼育容器・水槽やプランターなどの水深が浅い方が良いと思っている方が結構いるようです。もちろんそれが100%間違っているともいいきれません。 でも理由をしってしまえば、そういう飼育方法も数ある飼育環境のなかの一つだということがわかる筈です。

ポイント:浅い水槽を使用すれば日本メダカ独特の上見を楽しみ安くなります。

2.理由をちゃんと理解する

▼条件さえ整えれば簡単な容器でこのような個体を飼育できます
クリックして▶メダカの販売ページを見てみる

20160706034902-0fcb3fb947201a40a72988db3faa21dcdfe4a853.jpg 20160706035101-72dc02d749696614a157e946a380d4558336b5ce.jpg 20160706032645-7b81e13f0e30ff9e08a70338dac522e6e2e31078.jpg

20160720115708-6fde926b9dd7b9baa43cfa9d67647432d01dcbe1.png

 この話が一般的にでまわっているような最大の要因は酸素の供給にあるようです。日本メダカの改良品種はもともと日本に在来していた野生のメダカがルーツな為、 日本の四季の温度変化に対応することができます。極端に言うとカルキ抜きした水でしばらく飼育しても大丈夫というくらい日本の環境になじんでいるため、飼育しやすい魚です。そんなメダカでも酸欠には勝てません・・・・。エアレーションをしていれば大丈夫ですがしていない場合は飼育容器の空気にふれる面積が重要になります。エアレーションをしていない水鉢や飼育容器で飼育しているような環境でもメダカが元気に育っているのを見かけると思います。

そういう環境の場合は空気と触れている面から酸素が自然にとりこまれ供給される為、その酸素を使ってメダカは生存しています。ボトルアクアリウムなどは空気と触れる面積が小さく酸素の供給量が少ないため、メダカの大量飼育には不向きで、不可能ではないかもしれませんが酸素の問題水質悪化の問題なども深刻になる為、そのような環境での長期飼育はかなり困難な作業になります。浅いほうがいいと思われている理由も深いと水面近くにはたっぷり酸素が供給されていたとしても深い部分では酸欠になる可能正があるというのも関係していると思われます。(特に溶解酸素量が減少しやすい水温の上昇する夏は要注意)メダカはまぶたがないため、睡眠していないように思われている方もいるかもしれませんが、夜は水槽の底でじっとしている時間が長いです。その時に酸欠になる可能性があるということでしょう。

3.まとめ

 結局はメダカの飼育容器は浅くて広いほうがいいというのはエアレーションをしていない場合に特に当てはまるように思います。エアレーションをしていれば酸素が供給されるので たいした問題ではないのかもしれませんね。むしろ水深が深く水量が多い方が水質悪化の進行速度が遅く、外気に影響される水温の変化もなだらかなので酸素供給の問題さえ解決していれば 大きな容器でゆったりした数で飼育したほうが飼育は楽です。みなさんも自分の飼育環境は正しいのかじっくり考え直してみましょう(^^)/

あわせて読みたい関連コンテンツ


-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-




大分めだか日和その他のページヘ

大分めだか日和販売ページへ

メダカのコンテンツへ

大分めだか日和SNS

トップページへ戻る