もう迷わない!メダカ水槽の簡単な選び方!最適な水量の水槽を選ぼうページ メダカに関する情報をどんどん配信!初心者向けコンテンツから玄人必見のコンテンツまで盛り沢山で更新中。知識欲を満たそう!

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

もう迷わない!メダカ水槽の簡単な選び方!最適な水量の水槽を選ぼう

20151202175736-f5eb990c5a36fa8ab148d543621b44cd4b71e35f.jpg

 メダカの室内飼育でもっとも重要な水槽の選び方ですが 設置場所やメダカを飼育する数でその 大きさや形状、水量などが決まってきます。一番重要な飼育道具でもあり、最初に間違えると簡単には 買い換えたり設置しなおしたり出来ない場合もあるので慎重に判断して最適な水槽を見つけましょう。 ※上部の画像は世界水草レイアウトコンテスト 引用元:aquascapingworld.com


大分めだか日和販売ページへ

メダカ水槽の簡単な選び方!最適な水量の水槽を選ぼうのコンテンツ


-スポンサードリンク-

-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-

1.水槽の選び方のポイント

ポイント:このような浅めの水槽だとメダカも観賞しやすい!


楽天市場をご利用ならお得に買い物ができる!


 日本メダカはとても丈夫な魚で特に水槽で飼育しないといけないという訳ではなく発泡スチロールで 飼育しようとバケツで飼育しようとガラス容器で飼育しようと正しいメンテナンスさえしていればいろんな容器で飼育できます。 とはいえ、やはり水槽で飼育すればいろいろな道具が利用できるのでやはり長期飼育を考えると水槽での飼育に行き着くことが 多いでしょう。それでは水槽で飼育する場合、一番気にしないといけないポイントになってくるところはどこでしょう? 答えは飼育するメダカの数です。どのくらいのメダカを飼育したいかということで自然と最低限、あったほうがいい水量も 決まってきますので選べる大きさも決まってきます。それではどのくらいの水量でどのくらいのメダカが飼育できるのかを考えてみましょう。 メダカを上からも横からも楽しみたいのなら上の写真のような浅い水槽がオススメです。

2.メダカの数と水量の関係

 メダカの飼育でよく言われるのが通常メダカ一匹を飼育するために水量が1リットルは必要とされています。 もちろん、水質の悪化速度や水温の変動なども考えるとメダカ一匹当たりの水量はさらに多いほうがいいでしょう。 それではこの一リットルに一匹を基準に水槽の大きさと水量を考えてみましょう。

3.規格の水槽から考えてみる

20151203100843-a5a0f0ad8bc1564f5dc7ea563509d5618653e57b.jpg

 現在、各アクア用品メーカーからいろんな規格の水槽が販売されています。 今回はその中でも標準的な規格の30cmから120cmサイズの水槽から考えてみます。

30cm規格水槽 幅30cm×奥行18cm×高さ30cm 水量は約12.9L
45cm規格水槽  幅45cm×奥行24cm×高さ30cm 水量は約31L
60cm規格水槽  幅60cm×奥行30cm×高さ36cm 水量は約65L
90cm規格水槽  幅90cm×奥行45cm×高さ45cm 水量は約182L
120cm規格水槽 幅120cm×奥行45cm×高さ45cm 水量は約243L


※この数値はガラス厚や水槽内の底床やアクセサリーを考慮せずに水槽いっぱいに水をいれた場合の数値です。 もちろん大きくなればなるほど誤差がでてきますのであくまで参考値にしてください
 これがワイド水槽などを除く一般的な水槽の規格です。この水量から大体のメダカの飼育できる数が 分かりますね。30cm規格だと10匹程度、45cmなら30匹程度という感じです。これは水量を 水槽いっぱいまで入れた数値での計算ですので実際は、さらに余裕をもって数匹は飼育数を減らした方がいいでしょう。

ポイント:生体の数が水量に対して少ないほど水が汚れにくく飼育しやすい!

-スポンサードリンク-

-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-

4.各サイズの水槽のメリットとデメリット

 単純に小さい水槽のメリットは水槽のサイズが小さく水量もすくない為、メンテナンスが簡単、設置場所が選びやすい 底床や水草も少なくてすむ、濾過器やヒーターなどの容量も少なくて済むのでローコストという点があります。
 逆にデメリットとしては飼育できる生体の数が少ない、水量が少ないため、水温や水質の変化も激しく環境が悪化しやすい。 結果、掃除やメンテナスの回数は増えることになります。例えば30cm規格の水槽に本当に計算どおりのメダカの数の10匹程度を入れると ちょっと寂しい上にメンテナンスの数も多くなってしまいます。他のエビや貝などの生体も一緒に飼育したいとしたらかなり窮屈で 少量しか飼育できないですね。
 逆に大きな90cmや120cmを選ぶとすれば、メリットは水量が多いため百匹以上のメダカが余裕をもって 飼育でき、飼育容器自体が大きく水量がおおいため水質や水温も安定しやすく水換えなどメンテナンスの回数も減らすことができます。 広さもありますので美しい水草水槽にすることもできるでしょう。素晴らしいメリットがたくさんありますね。
 それではデメリットはというととにかく大きいだけにアクセサリや底床、水道代、電気代などのコストがかかります。 もちろん設置場所も限られてきますのでそれなりの心構えが必要です。

5.メダカの飼育におすすめな水槽サイズ

 ではメダカの飼育でおすすめの水槽サイズは?と聞かれると45cmまたは60cm規格の水槽ではないでしょうか。 余裕をもって多少、お金がかっても沢山しいくしたいなら60cm水槽にすればいいでしょう。 また、水換えやメンテナンスの手間がかかってもコストを抑えたい場所をとりたくないということなら45cmがいいでしょう。 どこに重点をおくかという違いですね。私、個人的には60cm水槽の方がよりアクアリウムを楽しめるんではないかと思います。 トップ画像のような素敵な水景やADAさんの上の動画のようなレイアウトを作りたければやはり60cm~90cmくらいは必要でしょう。

6.忘れてはいけない設置場所と水槽の重量

 30cm水槽や45cm水槽なら設置した後に移動することも可能ですが、60cm以上の場合になってくると急に状況は変わってきます。 45cm水槽なら重量は約30kgですが、60cm水槽となると60kgをこえます。90cm以上となると少なくとも百数十キロ~二百キロ以上にも達するので 簡単に移動することもできず置き場所もじっくり考えないといけませんし、床の補強の必要もでてくるでしょう。 壮大な水草水槽にしたいなどという理由でもない限りメダカは小さな魚なので60cm以内で考えておけばいいでしょう。

 なお、水槽の材質がガラスかアクリルかということでも重量や特性に違いがでてきます。ぜひこちらの記事を参考にしてください。 参照:アクアリウム初心者は必見!ガラス水槽とアクリル水槽の選び方

7.まとめ

ポイント:設置スペースが狭い場合などはオールインワン水槽ならコンパクトに収まる!

 いかがでしたか?たかが水槽の選び方かもしれませんがメダカの室内飼育の大事なポイントでもあるので 後悔しない水槽選びをしてくださいね\(^o^)/メダカの飼育初心者で横見だけで楽しみたい、すっきと楽しみたいという場合は上の写真のようなオールインワン水槽もいいかもしれませんね。

あわせて読みたい関連コンテンツ


-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-




大分めだか日和その他のページヘ

大分めだか日和販売ページへ

メダカのコンテンツへ

大分めだか日和SNS

トップページへ戻る