パーキンソン病の研究にメダカ??? 大分めだか日和&めだか仲間のブログ。日々のメダカ飼育から販売メダカの最新情報・イベント情報まで。仲間とみんなで語ります。

メダカ・水草・エビ・ミジンコ・貝等の販売
めだかに関する総合情報コミュニティサイト

買物かご お問い合わせ google+ ツイッター フェイスブック ユーチューブ
店頭販売 午前10時~18時 定休日毎週火曜日 電話・FAX 0972-32-2755 アクセス

パーキンソン病の研究にメダカ???

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
20150501100316-03da03d518208eb711370b6e29a08cb8511105a1.jpg

パーキンソン病の研究用に遺伝子変異メダカを作成したようです。


 パーキンソン病といえば、【バックトゥーザフューチャー】のマイケル・J・フォックスが闘病しているあの病気ですね。(若い人はわからないかな・・・・)徐々に運動機能障害が進行する原因不明の神経変性疾患というやつですね。日本のドラマとかでもあったような気がしますが・・・。この記事によれば日本には約15万人の患者がいてまだ病気の進行を抑える治療薬が見つかってないようです。そこで京都大学の研究グループ(よく聞きますねココ)がパーキンソン病発症の最も強い危険因子と言われているGBAの変異をもったメダカを意図的に作り上げたとのことです。


 遺伝子改変が容易でGBA遺伝子変異個体を作成しても他の動物(マウス)がすぐに死ぬけどメダカは月単位で生存できたから病気の進行を観察できるんだそうです。 GBA欠失メダカは、パーキンソン病やゴーシェ病の病態解明や新規治療法開発への利用が期待されるとありましたので医学・科学の分野では素晴らしいことなんでしょうけど、メダカ屋としてはなんかな~な感じです。(もちろん人類にとってよいことだと思います)



 私も改良品種のメダカ販売の商売をさせてもらってるので偉そうなことは言えませんが、メダカよりの立場(何か変な言い方ですけど)から言わせてもらうとなかなか複雑な心境ではありますね。宇宙に連れて行かれたり、いろんな研究に使われたり、時には食べられたり餌にされたり・・・なかなか・・・・な存在ですねえ。ということでせめて観賞用のメダカさんを飼育している方達は小さな命を大事にしていきましょうね・・・・という話しでした(^^)。かなり私は適当なこといってますけど詳しく知りたい人はこっちを見て下さいね~

スポンサード


-スポンサードリンク- -スポンサードリンク-
大分めだか日和ライン@登録ページへ 大分めだか日和販売ページへ メダカのコンテンツへ

関連コンテンツ

FaceBookでコメント


送料一律1,200円(離島など別途、料金有) 合計5,000円以上で送料無料! 自家繁殖ならではのご満足大特価 個人店舗だからできる素早く丁寧な対応 きれいな梱包で発送も安心

商品代金3,000円以上で

クレジット決済対応!

クレジット払いでメダカがご購入できます

定番人気商品

ミジンコウキクサ 大分めだか日和の餌 活きミジンコ ゾウリムシ 生クロレラ ヒメタニシ ミナミヌマエビ 大分めだか日和 めだか仲間の掲示板 FB大分めだか日和友達の会お仲間募集 実名だから本当の仲間が増える!フェイスブックのめだか仲間と盛り上がろう!

めだか写真ギャラリー

めだか写真ギャラリー

ユーチューブ投稿メダカ動画館

めだか動画館







しがらき陶庵でめだか鉢・水槽を見る!

スポンサードリンク

Thanks

トップページへ戻る